【米の花】糀ごはん~お手軽こうじレシピと中国茶の時間~

嫁事情

今年4月にオープンした米糀専門店「米の花」。

満月・宮酒ワインバーの開催場所でもあるRIVENDELのオーナー熊澤弘之さんが

10年以上もの思いを実現、形になったのが「米の花」。

 

62081508_322655268627075_5051806160655482880_n

62106382_1096852603845627_1884136177762566144_n

 

土壁に包まれ、まるで小さな酒蔵のような建物。

洗米機、蒸し窯、麹室。ここから生まれる糀はまさに熊澤糀、である。

この建物の設計をされた「きらくなたてものや」さんのブログに

糀屋が出来るまでの様子が記されている。是非ご一読を。

●きらくなたてものや →ブログ

61782238_2352507984805928_9016051534525366272_n

62310962_2058717444424678_5521972025775620096_n

61791025_460195768121135_5967674049235517440_n

61777174_2285759504978430_7816177374424203264_n

62017579_2531082910235660_4156210887079755776_n

61996301_318842862378261_5576981077844557824_n

 

そして、この日「糀ごはん~お手軽こうじレシピと中国茶の時間~」を

初めて開催とのことで楽しみに参加。

RIVENDEL農園の採れたて野菜に、塩麹、しょうゆ麹、甘酒を使った簡単レシピ。

中国茶藝師でもある熊澤裕美子さんの中国茶も頂きながら、贅沢なひと時。

店主による糀や菌の興味深いお話に、発酵に答えも終わりもなさそうな。としみじみ思ったり。

62113182_10161768843145573_8209298183453409280_o

61803774_10161768843430573_2084267317155332096_o

 

糀造りと酒造り。日本の古くからの文化で何だか共通点が多々ありそうな。

豊かな糀時間、ありがとうございました。

62337313_364261480894194_2350550779791671296_n

Previous
【出張・宮酒ワインバー】懇親会
Next
【満月の夜にだけ開くのです。満月・宮酒ワインバー】移動満月・指帆亭

宮酒ワインバーHP

ショッピング

嫁ブログ

カテゴリー

アーカイブ

アクセス

〒259-0151
神奈川県足柄上郡中井町井ノ口693-10
Tel(0465)81-0309 Fax(0465)81-0348
営業時間 10:00〜17:00
(10:00〜19:00の場合もあります。)
定休日:日曜日