カテゴリー: 宮川酒店

来客シリーズ第二弾(?)

宮川酒店

いつも静かでのどかな宮川酒店に

またまた遠い世界(?)から来客がいらっしゃった。

巨人の阿部慎之助さんともう一方(名前が分からない、無礼者!

焼酎・日本酒をじっくり選ばれていて

いつもなら「お探しの焼酎があれば・・・」と話かける嫁、

でも彼らがあまりにもゴッツイ方たちだったので

・・・怖くて声かけなかった。これ本当

レジでのお会計でも気付かない嫁(バカ)だったが、

他愛もないやりとりの最中、さすがに「ん?」と思った。

深くかぶるキャップの下の顔、見たことあるよ、と思った。

でも野球のこと知らないし・・・とチラ見を繰り返す嫁を気にせず

阿部さんは車に戻っていかれた。

そしてもう一人の方(やっぱり名前分かりません)が

「驚きました?」と優しく声をかけてくださった。

嫁「あ、やっぱり阿部さんですか?」

・・・それ以上言えなかった。

危うく「チラシどうぞ、年末の抽選券どうぞ」と言うところだった。

「優勝おめでとうございます」ぐらい言えばよかった。

巨人ファンのじいじ&ばあば、上でランチしていた店主、

それはそれは嘆いていた、嫁のアホぶりに

・・・でもさ、きっとまた来るよ

渡したレシートに「嫁ブログ」と記してあるから、

きっとブログ見てまた来るね。(嫁どこまでも前向き

ちなみに阿部さん達は「芋焼酎 紫(ゆかり)」を買っていかれた。

ありがとうございました

宮川酒店・新聞広告ちらし

宮川酒店

「新聞折込チラシ」を入れよう!と、

先月から四苦八苦しながら取り組んでいた。

毎年この時期にチラシは作るが、

新聞に入れるのは初チャレンジである

これによって、お店が溢れるほどのお客様で一杯になるのでは

・・・なったらいいいな、というささやかな思い(夢)がある。

毎日目にする「チラシ」。

作る立場になると意外に難しい。

お客様に何を一番お伝えしたいか、

小さな酒屋ながらもどういう点をアピールしたいか、

嫁がお客様の立場だったらどういう情報を得たいか、

・・・などなど、深く考えるとなかなか一歩が進まない。

だったらいつもの「嫁の直感で・・・」とは、今回ばかりはいかないようだ

だからやけに時間がかかる。

しかしやって出来ないことはない。

こんな感じに仕上がりました
 
 
あとは新聞屋さんで印刷してもらい、

11月6日(金)の新聞に入れてもらうのだ。

ちなみに今回のお届けは、読売新聞・二宮町、中井町、秦野市南が丘である。

チラシをブログにアップしようと思ったら出来なくて残念(力不足)

日本酒オリジナルラベル

宮川酒店

お客様からリクエストがあれば

オリジナルラベルを作っちゃいます、手書きです

あるお客様からの依頼で、

友人ご夫婦に贈る日本酒2本のラベルを書きました。

一本はメッセージ

もう一本は寄せ書きタイプ

真ん中に「麺」という漢字をいれて欲しいとのこと、

筆で書くと漢字はとってもアートになったりする。

朱色の墨がとっても可愛い

もともと「オリジナルラベル」は

12月に販売する「丹沢山・樽酒」用に始めました。

二斗樽をどーんとお店に置き、

丹沢山本醸造をお店で瓶詰めしお客様に提供します。

心地よい木樽の香りが堪能でき、

風情があって「冬だな、暮れだな、大晦日だな・・・」

と毎年師走の慌しさの中、ほんわか穏やかな気分になります

・・・その時にオリジナルラベルを貼るのです。

嫁、結構好きで楽しんでいるのが本当のところ

樽酒については年末にアップすることにします。

色々な「プレゼント」があるけれど、

こうして誰かへ届くプレゼントに

ほんのちょっとでも、自分の作った何かが参加できるのは

何とも嬉しい気分であります

宮川酒店って・・・

宮川酒店

ここ宮川酒店は

店主のおじいちゃんが昭和13年から始めました。

「酒類販売業」いわゆる「酒屋さん」、

今となっては大変きつい状況に陥っていますが

昔は好景気の波に乗り何もかも順調だった様子。

きっと店主が子供の時も絶好調だったと思われます。

言うまでもなく現在はこの不況の中、

色んなことにもまれながら、へこみながらも

どうにか家族4人+応援怪獣2名でやっています

さてさて、サラリーマン家庭でぬくぬく育ち、

何を思ったか「自営業の嫁」になった(てしまった)私。

8年経った今だって、母になった今だって、

試行錯誤の毎日であります

そんな嫁のお仕事はというと、

日々の事務、店主のアシスタント(雑用ともいう)、

それと、このブログ

このブログ、嫁にとってはれっきとしたお仕事です。

願わくば、このブログを通して

1日の殆どを過ごしているこの「お店」に

たくさんのお客様が足を運んでくれるのを夢みています。

・・・が、現実は殆どが外販(飲食店さん)向けのお仕事で

なかなか嫁の出る幕はありません。

またこれも「試行錯誤」の繰り返し。

「嫁」とか「母」という立場になってから、

ホント色んなことが「試行錯誤」。

今までこんなにこの言葉を使ったことがないくらい、

それとも今までがのんびり過ぎたのか・・・。

とにかく前へ進もうと思います

・・・と、今日はこんな感じに「宮川酒店事情」みたいなものを

綴ってみました。

いかがでしょうか

  • 1
  • 5
  • 6

宮酒ワインバーHP

嫁ブログ

カテゴリー

アーカイブ

アクセス

〒259-0151
神奈川県足柄上郡中井町井ノ口693-10
Tel(0465)81-0309 Fax(0465)81-0348
営業時間 10:00〜17:00
(10:00〜19:00の場合もあります。)
定休日:日曜日