カテゴリー: 日本酒

木花咲耶姫(コノハナ サクヤヒメ)というお酒

嫁事情日本酒

IMG_4170

 

木花咲耶姫(コノハナ サクヤヒメ)という

御前酒蔵元・辻本店の女性杜氏・辻麻衣子さん(岡山県/辻本店)が

「女性」をコンセプトに、たくさんの想いを込めて醸したお酒がこの秋に出来上がります。

 

IMG_3656

IMG_3657

 

▲辻本店の蔵の中庭に古くよりほこらがあり、

そこに麹の神様である「木花咲耶姫様」が祭られています。

古事記や日本書紀に登場する神さまで、酒の神様・松尾大社様と兄弟、

麹の神様でもあり山の神様でもあるそうです。

そして桜の化身として有名な神様とのこと。

 

IMG_3658

 

大変美しい女性であったと言われる「木花咲耶姫」。

麹の神様からの贈り物、目に見えぬその何かを頂戴し、

女性特有のやわらかさと芯の強さを兼ねそえた銘酒を、との思いから出来上がりました。

 

IMG_4167

御前酒菩提もと・雄町米の純米大吟醸。

雄町米40%まで磨き、洗米から蒸し、仕込み時の放冷までほぼ手作業で丁寧に仕込まれています。

雄町米の米の旨み、菩提もとの乳酸による旨みがありながら、きれいな味わい。

手作業ができる限界の仕込みのだめ2400本の数量限定です。

 

造り手が想いを込めて造ったお酒を皆さまへお届けするのが酒屋です。

今回は「女性杜氏」が醸した銘酒を「酒屋の女性」が皆さまにお届けするということで、

熟成前の段階を試飲させて頂いたり、ラベルデザインの話合いに参加させて頂いたり、

蔵と酒屋(どちらも女性)が同じ思いを持って誕生した(する)お酒です。

※蔵での様子は、後日嫁ブログにてお伝えします。

 

女性に飲んで頂きたいのはもちろん、女性に贈られるお酒でもありたい。

もちろん男性にも「女性のやわらかさの中にある芯の強さ」みたいなものを

何となく感じながら飲んで頂けたら、、、このお酒も(私も)涙、涙、嬉しい限りです。

木花咲耶姫(コノハナ サクヤヒメ)と言います。

こちらは9/20(水)の新月・宮酒場にて、杜氏の辻麻衣子さんを岡山からお迎えし

初リリースとなります。私も愉しみです!

9/21(木)には、麻衣子さんと日本酒の会も小田原にて予定しております。

詳しくは嫁ブログにてお知らせいたしますので、この機会に是非どうぞ。

IMG_4168

 

 

おまけのお話。

地元中井町に五所ノ宮神社(五所八幡宮)という神社があります。

毎年4月のお祭り(例大祭)は「かながわの祭り50選」にも選ばれ、桜と共に華やかです。

若かりし高校生の頃、この神社での結婚式(神前式)の巫女さん(アルバイト)などもさせて頂いてたりして。

今回、その五所ノ宮神社にも木花咲耶姫が祀られていると知った時、

きっと咲耶姫は天から私を眺め、

「この巫女さん、将来私に纏わるお酒と出会うのよね〜。」と含み笑いしながら、

こぼしちゃならぬとお屠蘇を必死に注ぐアルバイト中のわたしを見つめていたのかな、と

これまた大げさな妄想が繰り広げられ、何だか不思議な気持ちになるのであります。ふふふ。

▼五所ノ宮神社 春の祭典と境内

21244602_1290314211095170_323242021_n 21268609_1290314431095148_1158231464_n

 

 

 

 

 

 

 

 

若竹・立春朝搾り2013、ありがとうございました!

日本酒

今年で7年目になります、若竹・立春朝搾り

無事、静岡県島田市・大村屋酒造蔵へ出向き、搾りたてのお酒たちを皆さまへお届けすることができました。

立春の朝に搾ったばかりのお酒を瓶詰し、無病息災を願い神社でお祓いをしてもらった縁起の良いお酒。

吟醸の香りが心地よく、すっきり辛口。常温・冷やでとっても美味しく頂きました。

ちょっと裏話ですが、早朝蔵へ着きラベル貼りなどのお手伝いをした後は、蔵のお母さんたちが「日本の朝食」を用意してくれています。

それは何とも温かく美味しのであります。

そして毎年この日のこの時にだけ会う、三島の酒屋さん。お互いの近況を話したりして何だか不思議な感じです。

さて、もうすぐ春です。

今年も一年、健康で楽しい年でありますように。

春を感じるお酒なのです。「若竹・立春朝搾り」ご予約受け付け中!

日本酒

春を感じるお酒なのです。若竹・立春朝搾り

  

宮川酒店、この若竹・立春朝搾りをはじめて今年で7年目になります。

立春の日の早朝に搾り上がった生酒。そのお酒を無病息災を祈願し神社でお祓いをしてもらう。

そんな縁起の良い搾り立てのお酒、春を迎える立春の日に是非とも呑んで頂きたい。

そんな思いから、店主と私2月4日立春の日の朝早く、搾り立て生酒の瓶詰めを手伝いに静岡県島田市の

大村屋酒造場まで出向きます。

過去の様子はこちらを是非ともチェック→ 

毎年この日を迎えると「一年が始まった!」という気持ちになるのであります。

◎ 若竹・立春朝搾り 純米吟醸 生原酒 ◎

一升: 3150円(税込)
四合: 1575円(税込)

完全予約販売。

ご予約は宮川酒店:0465-81-0309、メール:miya-gawa@gol.com、Twitter:@miyagawasaketen、facebookからどうぞ。

■ご予約締切り日: 1月27日(日)

■お酒の受け渡し: 2月4日(土)15時~ (当日ご来店頂いたお客様には先着で若竹の酒粕をプレゼント)

今年も一年、健康で素敵な年でありますように。 

今年も丹沢山の樽酒がやってきました。量り売りします。

日本酒

今年も山北町の川西屋酒造から、丹沢山の樽酒が堂々とやって来ました。

樽酒がやってくると「もう12月。今年もあと少しでおしまい。」と年の瀬を感じます。

酒屋なのでお酒で季節を感じることが多いのであります。

 

洗浄瓶に樽酒を注ぐ。ラベルはオリジナルで、お好きな言葉を筆で書きますよ。

時に長男とんきちの「たる」ラベルもあります。なかなかいい味出してたりします。(笑)

今年最初のご注文のラベルは「初孫」でした。

きっとこのお客様は、お孫さんを眺めながら、杉の香りを楽しみながら、この樽酒を召し上がるのかな~なんて、幸せな気持ちになりました。

この樽酒を通して、色んな人がほっこり温かな気持ちになってもらえたらいいな、と思います。

丹沢山 本醸造 樽酒

一升 3350円
四合 1575円

「若竹・立春朝搾り2012」のご予約はじまりました!

日本酒

毎年恒例、それは「春を感じるお酒」である。 若竹・立春朝搾り

  

立春の日の早朝に搾り上がった生酒。

そのお酒を無病息災を祈願し神社でお祓いをしてもらう。

そんな縁起の良い搾り立てのお酒、春を迎える立春の日に是非とも呑んで頂きたい。

そんな思いから、店主と私2月4日立春の日の朝早く、搾り立て生酒の瓶詰めを手伝いに静岡県島田市の

大村屋酒造場まで出向くのである。

過去の様子はこちらを是非ともチェック→ 

朝の早起きなんてなんのその。毎年この日を迎えると「一年が始まった!」という気持ちになるのだ。

◎ 若竹・立春朝搾り 純米吟醸 生原酒 ◎

一升: 3150円(税込)
四合: 1575円(税込)

完全予約販売。

ご予約は宮川酒店0465-81-0309、またはメール・ツイッター、今週の大磯市宮酒ワインバーのブースでどうぞ。

■ご予約締切り日: 1月27日(金)

■お酒の受け渡し: 2月4日(土)15時~ (当日ご来店頂いたお客様には先着で若竹の酒粕をプレゼント) 

もうすぐ春がやってくる。今年も健康で楽しい一年でありますように。

若竹・立春朝搾り2011

日本酒

昨日は立春でした。春を迎える日。

立春朝搾りを飲んで、今年も一年、健康で幸せでありますように・・・と清々しく祝う日です。

そんな大切な日にもかかわらず、私は風邪ウィルスにやられ撃沈しておりました

楽しみにしていた蔵へ出向くことが出来ず、何とも残念な気持ちです。とほほほ

今年は炉端や竜馬のあかがみじろうさんとヤングで可愛い

スタッフの方&店主で行って参りました

あかがみさんのブログに、とってもあかがみさんチックにその様子が

数ページに渡り書かれていますのでどうぞ皆さんご覧くださいませ。おもしろい。

あかがみじろうさんの立春朝搾り珍道中

・・・わたくし、こんな感じで立春を向かえ、今年をスタート致しました。

はもうすぐそこまで来ています。

皆さまにとって素敵な一年になりますように

宮川酒店・嫁(あと少しで完全復帰-予定-)

今年も蔵に「若竹・立春朝搾り」を取りに行って参ります!【完全予約販売】

日本酒

毎年恒例となった春の祝い酒

若竹・立春朝搾り

 

それは「春を感じるお酒」です。

立春の日の早朝に搾り上がった生酒。

そのお酒を無病息災を祈願し神社でお祓いをしてもらう。

そんな縁起の良いお酒、春を迎える立春の日に是非とも呑んで頂きたい。

そんな思いから、店主と私2月4日立春の日の朝早く静岡県島田市まで出向きます

去年の様子はこちら

朝の早起きなんてなんのその、蔵に出向き作業を手伝っていると、

自分達が清々しい春を迎える準備をしているように思えます

◎ 若竹・立春朝搾り 純米吟醸 生原酒 ◎

一升: 3150円(税込)
四合: 1575円(税込)
※当日ご来店頂いたお客様に若竹の酒粕をプレゼント

完全予約販売です。ご予約は宮川酒店0465-81-0309まで。

ご予約締切り日: 1月27日(木)

もうすぐ春がやってきます

丹沢山の酒粕、今年も入荷しました

日本酒

毎年ご好評頂いている「丹沢山の酒粕」、今年も入荷しました。

入荷前からたくさんの方にお問合せ頂きましてありがとうございます

丹沢山の酒粕は板状ではなく、こんな感じに大きな袋に入っています。

中を開けるとこんな風に崩れていて、じいじが丁寧に袋詰めします。
 

酒粕はやっぱり甘酒

この酒粕で作る甘酒は粉雪のように真っ白でサラサラ作りたてはそのままで、

数日経って煮詰まった頃にはジンジャーを少し入れてジンジャー甘酒に。

役に立つかどうかは分かりませんが「嫁の超簡単甘酒レシピ」←はこちらをクリック!

どうぞお試しください。

明日日曜日は休まずお店は開いていますので、近くを通られた方(なかなか通らないか?)

どうぞお立ち寄りくださいませ

丹沢山本醸造の樽酒が今年もやってきた

日本酒

今年も中井町歳末抽選会場で、樽酒を皆さんにご紹介するためブースにて樽酒の量り売りをさせて頂いた

去年の酔っ払いおやじ二人組事件のリベンジも兼ね、(・・・人生、何事にも「リベンジ」はつきものである。)

来るならこい!と勝手に燃えていた。ほほほ

そんな私のリベンジ魂をよそに、この日は穏やかな快晴。多くのお客様で会場は賑わっていた。

 
▲栓を抜くと、何とも風情のあるトクントクンという音と共にお酒が流れてくる

瓶詰めしたて、木樽の香りをたっぷり愉しみながら頂く日本酒は心を豊かにしてくれる。

この日、予想より多くのお客様に樽酒を買って頂いた。手書きでお好きな言葉を入れるラベルも

好評で喜んで頂けたようだ。

去年の事が嘘のよう。気づけばあのオヤジ達の姿もなく、清々しい1日であった。

私も何だかとっても幸せ、嬉しい気持ちで一杯だった

 

丹沢山本醸造の樽酒
 1.8L 3255円(税込)
 720L 1575円(税込)

年末、お正月用のお酒に是非どうぞ

丹沢山 純米吟醸 ひやおろし

日本酒

気分は日本酒なのである。日本酒が飲みたい夜なのだ

新政ひやおろし」はお陰様で完売です。ありがとうございました

「浦霞ひやおろし」も完売でして、今は「大山ひやおろし」と「丹沢山ひやおろし」をお届けしています。

お隣町の山北町にある酒蔵、川西屋酒造の丹沢山というお酒、地酒である。

秘かに都内でも販売、飲食店さんにも置いてあったりする。


▲このセット、私の毎夜の親友である。母から「調味料でも置いて」ともらったトレーに

今宵の親友(お酒とおつまみ)を置き、時には店主とお仕事について話し合い、

時にはボ~としながら、時には(得意の?)妄想を繰り広げながら

素敵なリラックスタイムを満喫しているのである

  

足柄産の若水というお米を使って造られたひやおろし。吟醸香が心地よく米の旨味も感じる。

私の丹沢山のイメージは「綺麗なお酒」である。透明感があり、ワイングラスがよく似合う。

相棒はアルドイーノのブラックオリーブ。日本とイタリア、生まれも育ちも違うのだが意外と仲良く、

お互いを引き立てあうコンビである。

このブラックオリーブは味わいマイルドで旨味がある。日本酒の旨味といい具合に仲良しなのだ。

こんな国際恋愛(?)も是非お試しあれ。ごちそうさまでした

◎丹沢山 純米吟醸ひやおろし 1.8L 3465円(税込)・720ml 1733円(税込)
◎アルドイーノ ブラックオリーブ「ネレ」1050g 1575円(税込)

宮酒ワインバーHP

ショッピング

嫁ブログ

カテゴリー

アーカイブ

アクセス

〒259-0151
神奈川県足柄上郡中井町井ノ口693-10
Tel(0465)81-0309 Fax(0465)81-0348
営業時間 10:00〜17:00
(10:00〜19:00の場合もあります。)
定休日:日曜日