【木花咲耶姫の会】二年目の姫酒です。

ワイン会・日本酒会

今年も岡山より、御前酒蔵元 辻本店・辻麻衣子杜氏をお迎えし

二日間に渡った日本酒の会で、たっぷり麻衣子さんが醸すお酒たちを堪能しました。

造った本人がそこにいて、酒話に耳を傾けながら味わうお酒は、この上なく美味しく贅沢です。

IMG_5132

 

宮酒店舗変身計画実行後、初めて自分のお店で日本酒の会「木花咲耶姫の会」を開きました。

「酒屋で酒会」「酒会を酒屋で」

何だかわくわく、この田んぼの目の前のこの店内での酒会、

「中井町で真庭市(岡山県)を感じよう」が密かなコンセプトでした。

麻衣子杜氏にお願いし、麻衣子杜氏の好きな岡山の酒の肴、チーズ、真庭の野菜を送って頂き、

それにはこのお酒、というお話を頂く・・・。

世の中がサッカーのワールドカップで盛り上がる中、

私は「この酒会半端ないってー」とw、心で叫んでいたのは内緒のはなし。ふふふ。

IMG_5114

IMG_5130

 

「酒屋で酒会」は少し勉強モードも取り入れまして、呑兵衛のココロに杜氏の気持ちが伝わったのかなと。

一度伝わると呑兵衛はずっと心してくれる、それが真の呑兵衛である、きっと。

IMG_5120

IMG_5118

 

▼木花咲耶姫 純米大吟醸 生酒

昨年初リリースされたお酒。女性杜氏が醸し、酒屋の女将たちが伝える「女性を想うお酒」です。

一年目は、恥ずかしがり屋でお堅いイメージの姫酒でしたが、一年経ちすっかり優しくなりました。

ぬる燗にするとより一層優しい。

二年目の姫酒は生酒。物腰柔らかながらしっかりした真を持つ、そんな女性(お酒)のイメージです。

こうして秋に出る火入れ、三年目の姫酒、変化、成長する女性(お酒)を飲み手の皆さまと見守り続けたい

そんなふうに思えるお酒です。

●木花咲耶姫についてはこちらの嫁ブログをどうぞ。

「再び酒蔵へ行く理由(酒屋の嫁事情)」

IMG_5123

 

▼宮川熟成を飲み比べ、杜氏のご意見を頂く。これもひとつの酒遊び。

IMG_5136

 

▼宮ばあばの豚汁とおにぎり。おにぎりは水の代わりに木花咲耶姫で握る。

IMG_5135

 

▼一日目は、ハダノ浪漫食堂にて「木花咲耶姫の会」でした。

35971412_1720287041388106_1866751850955407360_n

35922965_1720401444709999_7404866730356375552_n

 

▼二日目は、SAKANA Dining &Bar 和にて「御前酒の会」でした。

35844759_10157465676621729_8890030433782202368_n

 

IMG_5148

 

今回の二日間で「酒屋の役割」を再認識。

そこには酒があり、酒の肴があり、人が集う。

そんな時間を作れたら、酒屋冥利に尽きる!というものです。

ありがとうございました。

Previous
【新月の夜にだって開くのです。新月・宮酒場-角打ち-】6/14(木)
Next
【満月の夜にだけ開くのです。満月・宮酒ワインバー】6/28(木)けむりワールドです!

宮酒ワインバーHP

ショッピング

嫁ブログ

カテゴリー

アーカイブ

アクセス

〒259-0151
神奈川県足柄上郡中井町井ノ口693-10
Tel(0465)81-0309 Fax(0465)81-0348
営業時間 10:00〜17:00
(10:00〜19:00の場合もあります。)
定休日:日曜日