再び酒蔵へ行く理由(酒屋の嫁事情)

嫁事情

今年2月に妄想旅歴15年を卒業した私が、またもや旅、、、ではないが酒蔵へ行かせて頂いた。

理由がある。

それは「木花咲耶姫-コノハナサクヤヒメ-」という日本酒のためである。

ありがとうございます。

 

IMG_3735

IMG_3696

 

西日本を中心に全国18店舗の「酒屋の女性」が集まった。

もちろん私などペーペー以上(以下)のペーペーである。

大先輩方のお話は、毒の中にもたくさんのポジティブで思いやる言葉があり

「幸せ」「感謝」を感じながら「酒屋の女将」または「酒屋の嫁」をされていることが

ぐんぐん伝わってくる。

私はどうだろうか、、、と思いつつ。

 

IMG_3674

 

今回のコンセプトは「女性に向けたお酒を」である。

辻本店の中庭にある「木花咲耶姫様」のほこら。

麹の神様でもある咲耶姫様からの贈り物、目に見えぬその何かを頂戴し、

女性特有のやわらかさと芯の強さを兼ねそえた銘酒を、との思いから出来上がる。

「女性杜氏」が醸した銘酒を「酒屋の女性」が皆さまにお届けするべく、

熟成前の段階を試飲させて頂いたり、ラベルデザインの話合いに参加させて頂いたりした。

 

IMG_3657

 

▼デザイナーさんを囲み、ラベルを考える。ラベルは顔であり、第一印象となる。

「女性のやわらかさと芯の強さ」を表す顔はどれか。

IMG_3660

IMG_3662

 

この時(春)に試飲させて頂いた時の感想は、なんとなくメロンぽくもあったような。

麻衣子さんは「これから夏の間熟成し、秋の出来上がりが楽しみです。」とのことだった。

あっという間に夏がやって来て、秋が来ればリリースされる。

IMG_3682

IMG_3693

 

 

IMG_4170

御前酒菩提もと・雄町米の純米大吟醸。

雄町米40%まで磨き、洗米から蒸し、仕込み時の放冷までほぼ手作業で丁寧に仕込まれてる。

雄町米の米の旨み、菩提もとの乳酸による旨みがありながら、きれいな味わい。

手作業ができる限界の仕込みのだめ2400本の数量限定。

10/1より店頭にて販売開始。

 

「女性を想うお酒」も華やかで心地酔いが、

私はこちらも捨てがたい、のは内緒のはなし。w▼

IMG_3695

 

 

 

 

Previous
【日本酒の会】木花咲耶姫(コノハナサクヤヒメ)お披露目会@dining 269(つむぐ)小田原
Next
【新月の夜にだって開くのです。新月・宮酒場-角打ち-】9/20(水)御前酒の夜となります。

宮酒ワインバーHP

ショッピング

嫁ブログ

カテゴリー

アーカイブ

アクセス

〒259-0151
神奈川県足柄上郡中井町井ノ口693-10
Tel(0465)81-0309 Fax(0465)81-0348
営業時間 10:00〜17:00
(10:00〜19:00の場合もあります。)
定休日:日曜日