酒屋の嫁ブログ

嫁だから
みえること
嫁だから
たのしめること

  1. HOME
  2. ブログ
  3. ■酒屋の嫁事情
  4. (記憶からなくなる前に)嫁・入院物語

(記憶からなくなる前に)嫁・入院物語

嫌なことはすぐ忘れる、(気持ちの)切りかえスイッチをいち早く押せる

それが私の唯一自慢できることである。

でもあの「つわり入院」のことだけは、記憶からなくなる前に覚書として残しておきたい。

いつの日か「こんな事もあったな~」と、

「元気に過ごす普通の毎日がどれだけ素敵なことか」を忘れないために。

今月初め、しっかり店主からインフルエンザウィルスを頂戴し、と同時に妊娠の予感。

結局、行きつけの(?)産婦人科(伊勢原・ヤハタウィメンズクリニック)で

インフルエンザ検査と妊娠検査をし、「両方ともなってます」と言われた。

出だしからイヤ~な予感を感じずにはいられない。

しかし3人目だし、心配する人は誰一人いない。つわりだってお手の物、

マッ○のポテト食べたい派(男の子のつわり)かスッキリ柑橘系を食べたい派(女の子のつわり)か

来るならこい!とどっしり構えていた。

しかし今回はどちらでもなく、飲めない食べれない・・・シンガポールのマーライオン状態(嘔吐)だったのだ。

ついには動けなくなりすがる思いで病院へ行き、入院となった。

2日間絶食でたくさんの点滴をした。よくこんな量の液体が体に入るものだと思った。

決して心地良いものではなく、浅い眠りの中で色んなことが頭に浮かぶ。

今まで当たり前にやっていた家事や仕事、お洗濯すら干せない、キッチンに立つなんて想像も出来ない、

仕事ではやりたかったことをキャンセルした、愛する怪獣兄妹たちはどうしているか、

店主の飲み相手にももはやなれず(妊婦だし)・・・とにかく走馬灯のように色々頭をめぐるのだ。

2日目になると点滴がとても嫌だったが、何となく体の中が洗浄されてる感じがした。

そして「今までワインを飲み過ぎたのかもしれない。体に残ってる全てのアルコールを

点滴が妊婦用の体に洗浄してくれてるみたい」と、

絶対に酒屋の嫁がしてはいけない被害妄想にかられたりした。(店主には秘密

そんなこんなで3日目から、病院の美味しいお食事を少~しずつ、少~しずつ食べ、

4日目には「お腹が空いた」と思うほど回復した。

これは「悪阻」という病名だが、きっと私は軽い方なのだろう。

もっと重い症状の方もいるだろうし、それ以外の症状で入院されてた方もいた。

みんな妊婦になる前は「いつもの自分」だったに違いない。

命を誕生させるまでの道のりは決して楽ちんではないし、そのケースは人それぞれである。

私は私のケースを受け入れ、周りの人たちに助けられながら、どうにかゴールまで頑張りたいと思う。

そしてまた青空の下で生ビールを堪能したり、ワインとその相棒を堪能したり、

秋になれば焼酎を、冬になれば日本酒を・・・堪能したいと思う。

しばしお酒は飲めませんが、嫁ブログでのお酒紹介は(もちろん)続く

「嫁・入院物語」お付き合い頂きありがとうございました

関連記事

検索

イベントカレンダー