酒屋の嫁ブログ

嫁だから
みえること
嫁だから
たのしめること

  1. HOME
  2. ブログ
  3. ■酒屋の嫁事情
  4. 「酒屋の嫁の針仕事」始まる。【酒屋財布】

「酒屋の嫁の針仕事」始まる。【酒屋財布】

以前から色んな方に、「それいいね」とか「それ、渋っ」と言われてきた酒屋ならではの物がある。

こちら↓

店主が使っているお財布、通称「酒屋財布」。酒蔵の前掛けで作った宮川酒店オリジナル財布。

お米屋さんや海苔屋さん、空瓶屋さんなども持っていたりする。そのお店ごとのオリジナルかもしれない。

思えば毎日使うこの前掛けたち、日本全国、色んな酒蔵のものがある。

藍染を中心に、赤や薄い青などもありよく見ると面白い。

そしてこの「酒屋財布」、店主は毎日ジーンズの後ろポケットに入れてお仕事をしているのだが

ジーンズのポケットの方が先に穴が開いてしまうほど丈夫なのだ。

  
▲お金を出すときはこうして広げて        ▲小銭出すときは手を入れて          ▲じゃらっとすくう

さて、この宮川酒店の酒屋財布を作ったのは親戚のおばさま、通称「鶴見のおばさま」。

そしてこの度、鶴見のおばさまに弟子入りし、いよいよ「酒屋の嫁の針仕事」が始まったのである。

作り始めると何だか楽しく、前掛けの紐を横につけてみたり、蔵の名前が見えるようにしてみたり、

外側と内側を違う生地で作るのも可愛いかもしれない

 
▲出来上がり。折りたたむとこんな感じ。             ▲裏は「出羽桜」

 
▲広げてみると(内側)               ▲(外側)

そして「酒屋の嫁の針仕事デビュー作酒屋財布」が6月の大磯市(おおいそいち)にてひっそり登場。

大変おこがましいと思いますが、よろしければどうぞ、・・・心を込めて作りました(今も作ってます

「酒屋の嫁の針仕事シリーズ」、今後も続くことを(自分で)願っている

関連記事

検索

イベントカレンダー