酒屋の嫁ブログ

嫁だから
みえること
嫁だから
たのしめること

  1. HOME
  2. ブログ
  3. 宮酒アレコレ
  4. 川西屋酒造(山北町)へ利き酒に行く

川西屋酒造(山北町)へ利き酒に行く

日本酒「丹沢山」の蔵元、川西屋酒造へ利き酒(ワインで言うなら「試飲会」)に出向いたのである。

 

先日「丹沢山ひやおろし」を入荷し、秋をしっとり感じていたところだ。

川西屋酒造のお酒達を、蔵人(くらびと)米山さんの「美味しい飲み方」のお話を聞きながら試飲できる、何とも嬉しい。

6月からこのような試飲会を始め、酒屋はもちろん、飲食店、一般のお客様、500人ほどが来ているとのこと。

  

思えば日本酒には色んな「飲み方」がある。常温、冷や、そしてお燗酒。それぞれ違う味わいを一本のお酒から愉しめるのだ。

改めて「日本酒って愉しいお酒だな。」なんて思ったりした。

米山さんのお話はどれも興味深く、特にお燗酒の温度帯の変化でこうも味わいの幅が広がるものか、と驚いた。

「燗ロック」や「魔法の雫」・・・数々のお話を店主は感動しながらメモっていた、のを私は横目で見ながら(次女かんこをおんぶしながら)利き酒を愉しんでいた。

 
  
  

皆さまにお酒をご紹介する役目の「酒屋」としましては、この「店主のメモ」を色んな場所でご紹介して行きたい。

まずは今週日曜の満月・宮酒ワインバー。丹沢山ひやおろし、浦霞ひやおろし、でご披露できるのでは・・・と思っています。

関連記事

検索

イベントカレンダー