酒屋の嫁ブログ

嫁だから
みえること
嫁だから
たのしめること

  1. HOME
  2. ブログ
  3. ■酒屋の嫁事情
  4. 嫁、バランタイン・ブレンディングセミナーに行く

嫁、バランタイン・ブレンディングセミナーに行く

サントリーさん主催の「バランタイン・ブレンディングセミナー」に参加した。

ずばり、私にとってお酒の中で一番遠い存在「ウィスキー」

歴史も含め、この上なく奥が深そうなジャンルである。

しかし何事にも「奥」の手前には「入り口」がある(はず)。

まずは恐れず、入り口をそっと覗くべきなのだ!という思いから図々しく一人で参加した

今回、バランタイン社(スコットランド)第5代目マスターブレンダー、

サンディ・ヒスロップ氏が来日し、「ウィスキーとは・・・」から始まりとても分かり易くお話してくれた。

そして自分達で数種類のモルトの原酒をブレンドしバランタイン17年をつくる、

という大変おもしろい体験をさせて頂いた

 

同じテーブルの、見るからにバーテンダーさんであろう方々のご意見を聞きながらブレンドしたウィスキー。

バランタイン17年とは似ても似つかない(?)、しかし熟した洋ナシやバニラの甘い香り漂う、

ひょっとして新商品なのでは、なんて思えるほどのブレンドが出来た

おもしろい

 嫁の豆知識 

ウィスキーは2つのタイプがあり、さらにまた2つに分類される。

①モルト=大麦麦芽のみを原料とするウィスキー

  ①-1:シングルモルト(他の蒸留所で蒸留された原酒を混ぜていないモルトウィスキー)

  ①-2:ヴァッテッドモルト(複数の蒸留所で蒸留されたモルト原酒を混合したモルトウィスキー)

②グレーン=モルトだけでなく主にコーンやライ麦など他の穀物を原料とするウィスキー

  ②-1:シングルグレーン(他の蒸留所で蒸留された原酒を混ぜていないグレーンウィスキー)

  ②-2:ヴァテッドグレーン(複数の蒸留所で蒸留されたモルト原酒を混合したグレーンウィスキー)

麦芽を造り、糖化、発酵、蒸留を経て原酒が誕生する。そして長い年月(3年~15年)

樽熟成され、味わい深いウィスキーが出来上がる

角ハイボールをかわきりに、少しずつウィスキーが復活してくるのかな

お店で初めて飲んだハイボール・・・

あらら、すっきり爽やか飲みやすい。

昭和時代を思わせる懐かしいこのジョッキが何故か新鮮に感じた

関連記事

検索

イベントカレンダー