酒屋の嫁ブログ

嫁だから
みえること
嫁だから
たのしめること

  1. HOME
  2. ブログ
  3. ■酒屋の嫁事情
  4. 「笑」と「涙」、そして嫁がおもうこと

「笑」と「涙」、そして嫁がおもうこと

まだ秋真っ只中だが、

今年の秋は色々あった。

色々とは

「畑で結婚式」と「宮じいじがお空へ行く」である。

 

「結婚式」と「お葬式」、

一見正反対、でも本当はそうじゃないのかもしれない。

 

「おめでとうを贈ろう!」のおめで隊を作ったKさんが以前、

「おめで隊は最終的に葬儀などのお手伝いも出来たらいいな。だって葬儀も一つの・・・」

・・・なんて言ってたかな。大事な言葉が思い出せない。

とにかく、それを聞いたときあまりイメージできなかった。

が、しかし、今の私は何となくその意味がわかる。

 

上手く説明できないが、例えば「酒」を通して言うならば、

そこにはいつも「酒」がある。結婚式にもお葬式にも「酒」があるのだ。

正反対だけど飲む人たちが思う気持ちは、その時に酒を飲む気持ちは、

きっと同じだ。

その人を祝い、その人を偲ぶ。

そんな感じである。

 

それに気づいた今年の秋。「酒屋の嫁」歴、えーっと、13年。

ひとまずここまでたどり着く。

そして続くよ、まだまだ続く。

「酒屋の嫁」、定年は60歳と決めている。(内緒)

1907374_640846555991127_3835401622220430679_n

 

 

 

関連記事

検索

イベントカレンダー