宮酒ワインバー・結婚式のお飲物係りで幸せのお裾分けを頂きました。

宮酒ワインバー

先日、今古今さんで素敵なお二人の結婚式が開かれ、

お飲物係り・宮酒ワインバーとして参加させて頂きました。

「結婚式」って、なんて幸せのお裾分けを頂ける時間なのでしょう。

こんなにほっこり温かい気持ちになる結婚式、

畑の結婚式ソムリエ山本君の結婚式、そして「酒の友」とも言える友人の結婚パティー以来、久しぶりでした。

ありがとうございました。

 

IMG_3331 IMG_3332

IMG_3334

IMG_3340 IMG_3351

IMG_3344 IMG_3356

▼乾杯は、結婚式がとても似合う美しい9スパークリング。

IMG_3341

IMG_3348 IMG_3342

IMG_3353 IMG_3369

IMG_3376

IMG_3382 IMG_3393

IMG_3391 IMG_3385

 

「祝酒」って本当に「幸せ酒」です。

ご結婚おめでとうございます!

IMG_3337

 

 

【満月の夜にだけ開くのです。満月・宮酒ワインバー × 1ichi=un=市】3/12(日)移動満月です。

イベント情報満月・宮酒ワインバー

春の気配感じる3月。

今月は移動満月でございます。

年4回季節毎に藤野町の日連神社で開催される「1=ichi=un=市」の皆さんとの共同開催。

会場は、日連神社から場所を変えて、カフェレストランshu さん(相模原市緑区日連981)です。

16999105_851384501667265_5373372042232898014_n

この日のお料理は、くうふく(国分寺)さんとstudio fujinoさんです。

studio fujinoさんはパニーニを、

くうふくさんは、以下のメニューを予定されています。※メニュー変更の場合もあります。

●イチジクの山葵入り天ぷら

●揚げナス雲丹湯葉のせ

●桜海老のかき揚げ天茶漬け(市場に生桜海老があれば)

●いぶりがっこクリームチーズ

●蟹味噌のせ揚げパン

● 干し柿ラム酒漬け

●蒸し鶏とキャベツとパクチーのサラダ

先日「打ち合わせ」と称して、くうふくさんにお邪魔しました。

お料理はまさに「和とアジアンの融合」というイメージで感動しました。

ワインが美味しくなると言われる満月の夜、

お料理たちと仲良しであろうワイン(ビール、日本酒も)を店主が選び

素敵な月見の宴になればと思います。

イチならではの古モノも並びます。どうぞお楽しみに。

 

●満月・宮酒ワインバー × 1ichi=un=市

3/12(日)17時~21時、カフェレストランshuにてひっそりオープン

16508494_840900376049011_8091957267406445664_n

▲こちらは一昨年開催された、studio fujinoさんでの満月・宮酒ワインバー×1ichi=un=市の写真

【宮酒・日ごろの遊び心】-牡蠣会2017-ありがとうございました。

宮酒・日ごろの遊び心

宮酒・日ごろ遊び心」の代表イベントw、とも言える牡蠣会。

今年は茅ヶ崎、小田原の2回開催、牡蠣Loverの皆さんと「牡蠣料理と酒」を探求しました。

ご参加下さった皆さま、ありがとうございました。

 

4年目となるRIVENDELでの牡蠣会。

今年は、旧ひとつぶ・宮崎さんの牡蠣料理でした。「和」、素晴らしかったです。

IMG_3121

IMG_3146 IMG_3139

IMG_3122 IMG_3153

IMG_3155 IMG_3156

IMG_3132 IMG_3133

IMG_3144 IMG_3149

IMG_3136 IMG_3143

IMG_3151 IMG_3152

 

毎年、牡蠣会のお料理とお酒のマリアージュは、お料理をやって下さる方と店主で相談します。

唯一店主が作るのは、牡蠣スモークオイル漬け。

夜な夜なスモークし、乾かし、ソミュール液に浸し、、、、楽しんでやっております。

IMG_3266 IMG_3267

IMG_3268 IMG_3271

 

小田原開催(小田原ガス・旧エコリアショールームにて)のお料理は、Ricorita・ブッチさん、「洋」でした。

IMG_3294

IMG_3272 IMG_3275

IMG_3277 IMG_3278

IMG_3279 IMG_3281

IMG_3296 IMG_3301

IMG_3314 IMG_3316

IMG_3317 IMG_3321

IMG_3322 IMG_3325

 

牡蠣は浪漫。

調理方法によって「和」にもなり「洋」にもなる。

それに伴い、日本酒、ワインとお酒も変わる。

これぞ美味し、愉し、だと思いました。

日本は素晴らしい!

また来年の牡蠣会でお会いしましょう。ありがとうございました。

【新月の夜にだって開くのです。新月・宮酒場 -角打ち- 】2月

嫁事情新月・宮酒場

日曜日なので少し早めに開店しました。

宮酒を囲む周りの山々が美しい昼下がりから(保育園のお布団も干しますw)、

まるで墨汁で塗ったかのように真っ黒(真っ暗)になる夜まで、

何ともeventfulな新月でした。

たくさんの方に遥々お越し頂き、本当にありがとうございました。

IMG_3397

IMG_3399 IMG_3466

IMG_3403 IMG_3408

 

「親しみのある楽しい集まり」とのコラボ。

農太郎くんライブは本当に不思議。やけに心地酔く、さりげなくジーンときて、

そして愉快で愉しい。まさにお人柄が表現されている楽曲ばかりでした。

こんなに日本酒が似合うライブ、他にあるでしょうか。

IMG_3462

IMG_3432 IMG_3429

 

店先にはノマディックカフェさんの移動販売車。

タイ研修から帰国されたばかりのノマディックさんの新作料理もあり、

ビールもワインも日本酒どれも、お料理と愉しめたかと思います。

もちろんテイクアウトもありましたよ。

IMG_3451

IMG_3446 IMG_3412

IMG_3414 IMG_3419

 

嫁歴2、3年の頃、何もかもがよく分からず、色んなことが腑に落ちなかった頃(言っちゃたw)、

そんなある晩、夢を見ました。

店内にたくさんの方がいて、お酒を買ってくれてるのかな?よく覚えていませんが、

とにかく店内にたくさんのヒトがいる夢を見たこと、今でもはっきり覚えています。

当時は「お店にたくさんのヒト」なんて、それこそ誰かがよくやる妄想でした。

あれから10年以上が経ち、家族をはじめ、色んな方に支えられて今に至ったことに感謝します。

そしてこれから、恩返し、なんて何ともおこがましいですが、

「お酒」を通して、祝も偲びも、すべての暮らしに於いて「心地酔い」をお届け出来たら

酒屋っていいな、お嫁に来て悪くなかったな、と思えると思います。

酒屋の嫁卒業60才まで(本当に60才で卒業)、コツコツ進ませて頂きます。

本当にありがとうございます。そして今後ともよろしくお願い致します。

 

IMG_3417

 

 

 

 

【酒屋の嫁事情・酒蔵へ行く-辻本店(岡山)-】

嫁事情

酒屋の嫁歴15年(と同時に妄想旅歴15年)、ついに卒業した。

何事も妄想は創造になり現実になる、気がしてならない。

色んな方のご協力で店舗もどうにか変身し(涙)、

これからは「嫁」も変身、まではいかないが、私なりに小さな歩幅でも前に進みたいと思っている。

 

今回、岡山県真庭市勝山にある辻本店の「炭谷彌兵衛の会」に参加させて頂いた。

1804年創業、歴史ある蔵。

当時、美作勝山藩御用達の献上酒とされた「御前酒」。

御前酒蔵元の辻家は江戸時代から「炭屋」という屋号で呉服商を営んでいたが、

3代目彌兵衛 篤仁氏はそれを番頭に譲り、文化元年(1804年)に酒造業を創めた。

蔵元初代にちなんで酒名となった「炭谷彌兵衛」。(私はこのお燗が好きなのだ。)

一方、2007年に前杜氏原田氏急逝後、杜氏となった辻麻衣子杜氏。その当時はまだ妊婦さんである。

麻衣子さん率いる若手蔵人9人で造った「9-ナイン-」存在感も大きい。

ちなみに私は「9」から「御前酒」を知り、「炭谷彌兵衛」に出会った。

これから日本酒を知るであろう若人たち、このパターンも無きにしも非ず。

 

IMG_3262

 

初めての仕込み体験はどのシーンも印象深く、

あのお酒たちはここでこの蔵人たちによってこうして造られているんだ、としみじみ思った。

●精米

▼岡山の代表的な酒米・雄町は柔らかいお米。

IMG_3163 IMG_3165

▼洗米機械にかけたあと、10分半浸漬させる。

IMG_3168 IMG_3171

IMG_3180 IMG_3189

▼コメには腹と背があるそうで、腹から吸水し白くなる。

IMG_3191 IMG_3194

▼脱水機(と言うのかな)に1分かけざる返し。

IMG_3195 IMG_3196

IMG_3197 IMG_3199

IMG_3200 IMG_3202

 

●掛け米(1袋20kg)を仕込みタンクへ運ぶ

IMG_3220 IMG_3222

IMG_3225 IMG_3224

 

●雄町米麹仕込み

二階へ上がり、麹室にて麹米を混ぜ合わせ、寝かし、広げ、混ぜ返し、寝かせ、と何段階もの作業。

優しい栗香が印象的。

IMG_3228 IMG_3239

▼この扉の向こうは麹室。ほんのりサウナ状態で作業をすれば汗をかく。

蔵人(特に女性)の肌の艶々感は見事だ。

IMG_3240 IMG_3241

 

●蒸米

ムラ無く蒸すために「抜け掛け」という、蒸気が抜けて来るところに白米を投入する作業を行う。

これは高い技術が必要とのこと、こだわりである。

IMG_3244 IMG_3245

IMG_3242

 

●もと(酒母)造り

IMG_3231 IMG_3232

▼その名の通り「酒を生む母」

飲ませてもらったところ酸味あり。想像像していたほど酸っぱくない。

IMG_3235 IMG_3236

IMG_3238 IMG_3234

 

▼一階の床(地下)を覗くと、そこは昔の「窯場」があった場所。

当時は早朝何時に蔵に入り、火を起こしていたのだろう。

IMG_3256

 

日本全国1500ほどの蔵があるそうで、

たくさんの蔵が造るたくさんのお酒たちの中から、

一体どのように選べば、どうお酒と出会えばいいのだろうと考えた。

これもやっぱり私の行きつく答えは「人」である。

造った人、そこの蔵の「人柄」によって味わいさえも変わってしまうかもしれない。

となると、伝える側の酒屋も「伝える人」として「人柄」なのかもしれないな。

 

夜の懇親会では、関西、関東、そして現地の酒屋さん、大先輩たちとお話ができた。

お燗酒の飲み比べ、このお料理にはこのぬる燗、にごり酒をぬる燗に、お燗タージュも見せて頂き、

造ったその蔵で、そこのお酒を、造り手売り手と飲む。

私にとってとても贅沢で何とも嬉しいひとときだった。ありがとうございました。

IMG_3214 IMG_3215

IMG_3216

 

「百聞は一見に如かず」とはこのことで、酒造りにグッときた、というのが一番の感想である。

酒屋の嫁引退60才(と決めている)までに、見たい事、感じたい事が増えました。

ありがとうございます。

【新月の夜にだって開くのです。新月・宮酒場-角打ち-】2/26(日)です

イベント情報新月・宮酒場

今年より、新月の夜にしっとり開く新月・宮酒場は、

中井町の宮酒店舗にて角打ちスタイルで始まりました。

自分のお店での開催なのに、なぜかしどろもどろしておりますが

どうぞのんびりと見守って下さると有難いです。

IMG_3045

 

今月の宮酒場にはノマディック・カフェさんが移動販売車で来て下さるので

タイ料理をどうぞお楽しみにください。テイクアウトも出来ますのでお気軽にどうぞ。

16640840_1123791641081193_6929063716386806279_n

 

そして今回は、たいようまるかじり・農太郎くん率いる「親しみのある楽しい集まり」とのコラボです。

ライブもありますのでお楽しみに。

16402665_1201873846575524_16953204081151450_o

【農太郎くんからのメッセージ】
先日リニューアルした宮川酒店の店舗内で角打ちスタイルとなった「新月宮酒場」と、
大磯発祥の老若男女が楽しめるパーティー「親しみのある楽しい集まり」が夢のコラボレーション!!
美味しいお酒にグッドミュージック、料理やおつまみも充実しています。
リニューアルした新月宮酒場が気になっている方、親しみのある楽しい集まりにご興味をお持ちの方、
友達や恋人をお誘い合わせの上ぜひお越しください~!

ーーーーーーーーーーーーーーー
【日時】 2月26日(日) 15:00~22:00

LIVE-(1部)18:30  (2部)19:20

【場所】
宮川酒店(神奈川県足柄上郡中井町井ノ口693−10)

アクセス:神奈中バス 秦60・63・91系統「下井ノ口」バス停下車

・JR二宮駅北口 ➡ 小田急秦野駅南口行き

・秦野駅南口 ➡ JR二宮駅北口行き

※この日のバスは休日ダイヤですのでご注意ください。
(ちなみに「下井ノ口」バス停からの最終バスは、
 二宮駅北口行き21:59、秦野駅南口行き22:41、です。)

【料金】

キャッシュオン(フード&ドリンク)

投げ銭(ライブ& DJ)

【出演】

LIVE:渡邉幹

DJ:Hennaoto

【フード&ドリンク】

FOOD:Nomadic Cafe

DRINK:宮川酒店

IMG_3080

日曜日の昼下がり、いつもより少し早めて15時より開店致します。

Nomadic Cafeと親しみのあるメンバーは17時頃到着予定です

角打ちスタイルですので、お気軽にどうぞふらりとお立ち寄りください。

 

 

 

【満月の夜にだけ開くのです。満月・宮酒ワインバー】2月

満月・宮酒ワインバー

冬の夜空に凛とした真ん丸お月が輝いていました。

寒い中、たくさんの方にお越し頂きありがとうございました。

IMG_3104

 

ラーメンをはじめ、モヒカンさんの酒の肴たち美味しく頂きました。

IMG_3103 16779950_1093204754139451_935515560_n

16754074_1093205077472752_299180282_n IMG_3109

IMG_3116 IMG_3113

 

ワイン片手に焚き火を眺める、それは冬の満月の夜のお愉しみです。

「月の手ならい」も同様にお愉しみのひとつ。

今回の菅原先生による「スモーク講座」、いかがだったでしょうか。

IMG_3108

 

来月3/12(日)は移動満月でございます。

季節ごとに藤野町で開催される「1 ichi=un=市」と共同開催、

『1 ichi=un=市 ×満月・宮酒ワインバー』となります。

場所は藤野町、いつものイチ開催場所、日連神社の近くのカフェレストランShuにて。

(神奈川県相模原市緑区日連 981)

詳細は追って嫁ブログにてお知らせします。

RIVENDELでの開催は4/11(火)の満月になります。

IMG_3118

【満月の夜にだけ開くのです。満月・宮酒ワインバー】2月11日(土)モヒカンRです!

満月・宮酒ワインバー

冬越え寸前。

2月の満月の夜も、RIVENDELにてひっそりオープン致します。

IMG_1952

 

今月はモヒカンラーメンさんのお料理が並びます。

ラーメンはもちろん、「モヒカン酒の肴」もお楽しみに。

3月から鴨宮にてお店がオープンします。そのお話なども聞きたいですね。是非どうぞ。

予定しているメニューはこちら。

・じゃこ青唐温豆腐

・アンチョビチーズ揚げ焼きぎょうざ

・鮭とほうれんそう、鶏と菜の花蒸しぎょうざ 2種

・鴨ロース林檎酢みぞれ

・鶏と豚 チャーシュー合盛り

・花椒鶏

・鶏ひき肉のワンタンスープ

・ポトフ

・醤油 塩らーめん

・まぜそば 辛いのと辛くないの

13480115_894287307364531_1871384961_n 13480409_894287317364530_1700361139_n

 

今月の「月の手ならい」は、菅原由紀先生による「燻製-お手軽編-」です。

●日時:2/11(土)15時~17時

●参加費:300円

燻製すると美味しくなる食べ物って色々ありますよね。

キャンプやBBQで、焚き火で月を見ながら一杯なんてのもいいですよね。

今回は事前に仕込み不要なもので、燻製したことない方向けのお手軽編です。

シシャモ,チーズ,ナッツ あたりを予定しています。 

予約不要ですのでどうぞふらりとお越しください。

458239f338ddc98466fc6f5a29631736

 

皆さま、どうぞ暖かくして、ふらりとお立ち寄りください。

●満月・宮酒ワインバー 2/11(土)17時~22時(お子様時間~20時)RIVENDELにて

【お願い】お子様連れの方は、車道がありますのでお子様から目を離さぬようお願い致します。

 

来月3/12(日)の満月は、藤野町(相模原市)での移動満月となります。

詳細は追って嫁ブログにてお知らせいたします。

img_2442

【宮酒・日ごろの遊び心】- 牡蠣会2017-

宮酒・日ごろの遊び心

宮酒-日ごろの遊び心-のひとつ、今年も「牡蠣会」を開催致します。

IMG_0468

 

「料理とお酒の相性」という言葉をよく耳にしますが「相性の良し悪し」って一体どんなものでしょう。

色々な調理方法で合わせたいお酒も変わるようですが、その「相性」を楽しんで頂きたいと思います。

店主の「小話」を踏まえながら、色んな産地の牡蠣たちをご堪能下さい。

今年の「牡蠣料理」もどうぞお愉しみに。

IMG_0471 IMG_2007

IMG_0493 IMG_1450

IMG_1455 IMG_1446

 

日時:2017年2月15日(水) 11時~14時

場所:RIVENDEL(茅ヶ崎市矢畑183)

会費:6000円(牡蠣代・お酒代込み)

申込:宮川酒店(TEL:0465-81-0309、HP:http://miyagawasaketen.com/order FB、Twitterからもどうぞ)

 

●過去の様子はこちらをご覧ください。

牡蠣会2016、牡蠣会2015、牡蠣会2014

【宮酒店舗変身計画8】伐採されたご近所のケヤキの木はベンチになる

宮酒店舗変身計画

まだ変身は続いている。

先日、木材工房あしがら・小高さんとのお話の中で

数か月前にばっさり伐採された、宮酒近くのケヤキたちは小高さんが伐採したということが分かった。

その貫禄ある大木が、周りに回って中井町(宮酒)に戻ってきたのだ。

ありがとうございます。

img_2656 img_2657

 

チョウハシさんは最初、カウンターツールの座面にしようと思っていたが、

あまりにも美しいその姿を見て、そのままベンチに。

IMG_3005

 

▼このベンチに座り、冷蔵庫の中で背筋をピンと伸ばしたお酒たちを眺めながら飲む。

ワイン会や日本酒の会、飲食店さんとの勉強会、女子会、嫁会、

自治会組内の会合w、までも出来る気がしてならない。

ここにヒトとコトとモノが集うのだ。

IMG_3086 IMG_3020

 

▼そして今までの「宮川酒店」の外看板は一枚だけお店に残した。大事である。

IMG_2944 IMG_3059

 

一方、ずっとお店の隅っこに隠れていて、10年ぶりに日の目をみた店主が作った家。

居場所があるのかないのか、なければオモイデ仕上げの材料と化する(=壊す)予定だったが、

最後の最後で居場所を見つけた。

それも「駄菓子の家」に変身。子供たち大喜びでこの家も涙しているに違いない。

そして駄菓子を選ぶのも、昔ながらのラベラーで値札をつけるのも、思いのほか楽しい。

IMG_2799 IMG_3031

IMG_3026 IMG_3036

IMG_3039

 

あとは外照明と、商品の値札と、天井塗って(いつかな)、、、あれとこれと。それとあれと。

IMG_3027

 

 

ある日の話。

山盛りの空き瓶が入っているドラム缶を見たチョウハシさんと宮酒のふとした会話。

1525472_428380607288539_373204040_n

「ワインボトルや日本酒ボトルが山ほどあるね。」

「そうだよ、酒屋だよ-。笑」

「色んなカタチがあって、どれも綺麗な色だね。」

「ボトルってガラスだよね。ガラスって形が変わる。」

「吹いたり、曲げたり、くっつけたり、これで何か作れるかな。」

・・・という話から、あのお二人のもとへ出向いた。

ゆっくりながら何が生まれるかな、とワクワクしている。

IMG_2964

 

 

 

 

 

 

 

 

宮酒ワインバーHP

ショッピング

嫁ブログ

カテゴリー

アーカイブ

アクセス

〒259-0151
神奈川県足柄上郡中井町井ノ口693-10
Tel(0465)81-0309 Fax(0465)81-0348
営業時間 10:00〜17:00
(10:00〜19:00の場合もあります。)
定休日:日曜日