日本酒伝道師ジョン・ゴントナーさんから学ぶこと【酒屋の嫁事情】

嫁事情

いつからかワインよりも日本酒を愉しむことが増え、

酒蔵へ行く機会を頂いたり、蔵人の方や他県の酒屋さんとお話する機会を頂いたり、

「酒」を通して紡がれるたくさんの事に感謝する。

酒屋って愉しいな、と嫁歴15年目にして(やっと)思う。

 

日本の文化とも言えるであろう「酒」って異国にはどれほど伝わってるのかな。

もはや「Sake」で世界に通じるならば、

「酒屋」は「liquor store」でなく「Sakaya」として存在していたいな。

などど、これまた色んな妄想が膨らむようになる。

 

妄想は不思議だ。

何故なら妄想していると、なぜかその先に「妄想との接点」みたいなことが待っている。

だから何かに対して慌てなくても大丈夫。

まさに「全ての始まりは妄想から」である。

19397785_1219716234821635_716502821_n

日本酒伝道師・ジョン・ゴントナーさん。

若かりし頃に英語教員として来日、電子エンジニアを経て(なぜか)日本酒ジャーナリストとなったそう。

その人生の軌跡のお話は興味深く面白い。エンジニア時代に上司の家で飲んだお酒に惚れ、

ジョンさんの人生は緩やかに、そして大きく予想外の方向に向いたのだ。すごいな、人生って。

 

19369863_1219637104829548_1775034213_n 19369464_1219637094829549_2121880164_n

日本酒の輸出量はたった3.5%。

輸出先はアメリカが第1位、続いてアジアが連なり、カナダは第7位だったかな。

「フランスのワイン輸出量は35%」と比べると日本酒はまだまだ少ない。

こんな美味しい日本の酒を口にした異国の方はとても少ないということだ。

でも日本酒が世界でもっともっと飲まれるようになる日は遠くない、気がする。

その大きな架け橋となっているのがジョンさんなんだろうな、と思う。

熊澤酒造(茅ヶ崎市香川)で開催されたこの講座。

天青もアメリカへの輸出が始まったそうで、アメリカ向けのラベルには「TENSEI」ではなく

「song of the sea」と、英語での別称を記してあるとのこと。

美味しい天青を飲んだ翌日、「TENSEI」は覚えにくいが「song of the sea」なら覚えている。

「あの美味しかったお酒は何だっけ?」にはならない。

なるほど。それもありだ。

19398842_1219637098162882_1727749037_n

初めて飲んだ天青。

飲み心地よく、さりげなくお料理を引き立てるやさしいイメージのお酒たち。

試飲から始まり懇親会まで、大変豊かな時間であった。

ありがとうございました。

19369824_1219637088162883_564033261_n

 

・・・豊かな時間のおかげですっかり千鳥足。

そして思い出す。「異国の酒屋」について聞きたかったこと山盛り、を

何一つ聞かなかった現実を。

それも一つの酒マジック。きっと次回へ続く。

【満月の夜にだけ開くのです。満月・宮酒ワインバー】6月

満月・宮酒ワインバー

五感に響く夜でした。

19126106_1213880435405215_567531662_o

pint・武田心さん。

机がキャンバスとなり、RIVENDELにある枇杷や草花を使い「料理と花」で作られた絵のような、

作品と言いたくなるようなものでした。

19126208_1213880448738547_913876639_o

IMG_3914

IMG_3921

IMG_3907 IMG_3920

IMG_3932 IMG_3922

IMG_3901 IMG_3910

IMG_3930 IMG_3929

 

今月の「月の手ならい」はヤーンボンビング。

少し派手めな毛糸たちが何とも華やかにRIVENDELを包み

それはそれは心ワクワクする光景でした。

IMG_3927

IMG_3926 IMG_3895

IMG_3945

 

五感が刺激され、よりワインが進む。

美しい料理、ワクワクする景色、夜空を見上げれば月。

素敵な一夜をありがとうございました。

IMG_3952

 

【満月の夜にだけ開くのです。満月・宮酒ワインバー】6/9(金)アートな一夜です。

イベント情報満月・宮酒ワインバー

18834561_1200448016748457_856395642_n

 

6月の満月も、RIVENDELにてひっそりオープン致します。

今月は、五感がいつも以上に刺激を受けそうな、特に視覚がフル活用しそうな、

そんな一夜となりそうです。

お料理担当、pint武田心さんによる満月お料理をお愉しみください。

 

●満月・宮酒ワインバー 6/9(金)17時~22時(お子様時間~20時)RIVENDELにて

 

【新月の夜にだって開くのです。新月・宮酒場-角打ち-】5月

イベント情報新月・宮酒場

5月の新月は「餃子とビール」だったからか?、

圧倒的に男性陣が多い夜でした。

ご近所、遠方からもお越し頂きありがとうございました。

IMG_3879

IMG_3884

 

餃子屋げんさんの美味しい餃子、、、そしてビール、幸せでした。

餃子以外にも、げんさん初の酒の肴をご用意頂き、日本酒、ワインも愉しめました。

IMG_3874 IMG_3878

IMG_3873 IMG_3890

 

新月の夜にしっとり開店しております。

どうぞふらりとお立ち寄りください。

IMG_3888

 

 

 

【新月の夜にだって開くのです。新月・宮酒場-角打ち-】5/26(金)です。

イベント情報新月・宮酒場

地元中井町の宮川酒店店舗にて

新月の夜にだけしっとり開店致します、新月・宮酒場-角打ち-。

町内の方も、町外の方も、どうぞふらりとお立ち寄りください。

IMG_3609

IMG_3414

IMG_3399

 

 

今月は、無化調手作り「餃子屋げん」さんがやって来ます。

11796409_517701748381788_7420712120088426451_n

予定しているメニューはこちらです。(変更になる場合もあります。)

●焼き餃子(プレーン、しそ、里芋)

●パクチーと干しエビの水餃子

●豚バラと大根の煮込み

●麻婆茄子

テイクアウトも出来ますのでお気軽にどうぞ。

「餃子屋げん」さんってこんなヒト→ 大磯新聞より

13690729_656800247805270_5876363781112075358_n

 

何度もお伝えしておりますが、中井町は夜になると、真っ暗闇でございます。

二宮駅から、または秦野駅からバスでお越し下さる皆さま、

宮酒店舗前の「下井ノ口バス停」に着くまでに、どんどん暗闇の中へ進むので

だんだん不安を感じるかもしれません。

早く慣れて頂きまして、どうぞお気軽にご来店ください。

 

● 新月・宮酒場-角打ち-●

5/26(金)17時~22時 宮川酒店にて

 

【満月の夜にだけ開くのです。満月・宮酒ワインバー】5月

満月・宮酒ワインバー

美しい満月が夜空高く輝き、とても心地酔い夜でした。

IMG_3850

IMG_3858

 

普段のけむりさんはカレー中心ですが、満月の夜には「ケムリおつまみ」が楽しめます。

色んなスパイス香る、美味しいお料理達でした。

IMG_3854 IMG_3851

IMG_3840 IMG_3863

IMG_3846 IMG_3859

IMG_3862 IMG_3848

 

初めてお立ち寄り下さった方も、度々いらっしゃる方も、たまたま通りかかった方も、

美味し、愉しな月見酒を交わされていたら、酒屋として大変うれしく思います。

ああ月見酒、月美酒。

ありがとうございました!

IMG_3855

IMG_3867

 

【満月の夜にだけ開くのです。満月・宮酒ワインバー】5/11(木)です。

イベント情報満月・宮酒ワインバー

今月もお月が真ん丸になる夜に、

RIVENDELにてひっそりオープン致します。

IMG_3774

 

料理はケムリカレーさんのケムリワールドをお楽しみにください。

予定しているメニューはこちらです。(変更になる場合もあります。)

●サバのリエットとバゲット、ミニサラダ

●野菜の豆粉揚げ

●チキンピクルスとジャガイモの冷製スープ

●白身魚(予定)のスパイシーグリル

●豚スペアリブのクローブ風味

●手羽元と野菜のスープカレー

●ドライカレー

●リンゴとサツマイモのバター煮とチャイ

IMG_2166

 

5月の「月のてならい」はこちらです。

「宮酒・日ごろの遊び心 / グラスで味わいは変わる。これは本当です!-ミニ-」

宮酒店主主より皆さまへ

「ちょっと知ってると日ごろが面白い、味覚の感じ方」のお話を踏まえながら、

グラスで味わいは変わってしまうのか?を体験してみてください。

今回、3年前に開催したこの講座(詳しくはこちらを→)のミニ版でお送りいたします。

ワインバーの傍らで、愉しいひと時をご一緒しませんか。

IMG_0620

●開催時間: 5/11(木)19:30~20:00ごろ

●会費: 一満月券(¥600)にて

●定員: 6~10名ほど

●ご予約受け付けます。宮川酒店TEL0465-81-0309、またはメール、FBメッセージからなどお気軽にどうぞ。

定員に達してなければ当日も受け付けます。

 

月見酒が気持ち酔い季節となりました。

どうぞふらりとお立ち寄りくださいませ。

 

 

【新月の夜にだって開くのです。新月・宮酒場-角打ち-】4月は酒うららさんと。

新月・宮酒場

愉しいご縁を頂きまして、

今月の新月は岡山県西粟倉村の酒うららさんと一緒に宮酒場を開店致しました。

ただの「酒屋と酒屋」されど「SakayaとSakaya」・・・

酒屋の未来ってあるのかないのか、あるべきかなくてよいのか、

嫁ながら色々考え、感じる、そんな夜でした。ありがとうございました。

IMG_3795

 

今回お料理をお願いした「旅するタイごはん・メイノブ食堂」のお料理が何ともミラクルでして、

そのお料理に合うであろう日本酒をうららさんが、ワインを宮酒店主が提案させて頂きました。

メイノブさんもいつもより少しお酒のお供をイメージしてメニューを考えてくださり、

大変愉しみました。ありがとうございました。

「タイ料理を作りたいというよりも、

自分がタイに滞在していた時に食べたあのタイ料理を再現したいといつも思っていて、

遠い記憶を辿りながら作ってます。」のお話がとても印象的でした。

同い年メイノブ、素敵でした。w

IMG_3800 IMG_3796

IMG_3806 IMG_3801

IMG_3832 IMG_3798

IMG_3804 IMG_3811

IMG_3823 IMG_3803

 

「酒屋って何だろう」と思いました。

自称「とんでもなく不愛想ですが怒っている訳ではありません!」のうららさんと、

「決して話すことが得意ではありません!」の宮酒店主の対談、実現致しました。w

酒屋と酒屋を繋いで下さったライター山本祥子さんをナビゲーターに

現代技術?の力も借りて、動画なども撮影して頂いたりして・・・。

「酒が好きで酒屋になったうららさん」と「酒屋で生まれ酒屋を継いだ宮酒店主」

そこにある「酒屋の未来」は、同じ未来を描いているのでしょうか。

IMG_3826

IMG_3828

うららさんは酒に魅せられ、それを伝えたい気持ちから酒屋になりとても輝いています。

宮酒店主は酒屋に生まれ、良いも悪いも、悪いも良いも、色んなコトやモノに取り囲まれ、

体育会系の精神でw這い上がり、やっとお日様の陽を少しだけ浴びるようになったような。

そんな感じです。

店主は、酒屋を始めて3年のうららさんと会い「すごいな。俺はこの20年何をしていたのかな。」と

呟いていました。切ないことを言うなよ店主、と笑いました。w

そんなこんなで、酒屋と酒屋。同業者でございます。

思いはただ一つ「酒を伝える。」という、(楽ではないけど)何とも豊かで幸せなお仕事です。

日本全国、酒蔵は1500蔵ほど。そして酒屋は何店舗ほどあるのかな。

日本の文化として、「Sake」に続き、「Sakaya」も世界に伝わって欲しいな、実はとても日本っぽいので。

IMG_3829

なあんて、久しぶりに嫁の「酒屋妄想」が繰り広げられた夜でした。

全ての始まりは「妄想」から。

ありがとうございました!

IMG_3813

 

 

 

 

 

おかめ ひょっとこ 狐 ー春の宴ー、ほんのり開催致しました。

宮酒ワインバー

晴れ上がった青空のもと、

おかめ ひょっとこ 狐の皆さんと一緒に

何とも美味し、愉しな春の宴となりました。

18142978_1166103286849597_2069353363_n

 

18073592_1166103263516266_62749326_n 18136980_1166103216849604_1429164680_n

18136727_1166103240182935_1119945806_n 18142845_1166103230182936_956999998_n

18155284_1166228196837106_69892218_n 18109528_1166103250182934_264839207_n

 

また次回、

おかめ ひょっとこ 狐の皆さんと宴を共にしたいと思っている

おめで隊一同でございます。

18136755_1166103203516272_376670594_n

 

※おめで隊とは・・・

おもてなしのお手伝い

記憶にノコル素敵な日って、

いったいどれくらいあるのでしょう。

そんないつまでも温かい

あなたや大切な人の為の記念日をつくりませんか。

おめで隊とは

「おめでとうを贈ろう」

が合言葉の作家、アーティスト、料理人、たちの集まりです。

 

●おめで隊homepageはこちら→ 💛

●おめで隊facebookページはこちら→ 

 

 

【新月の夜にだって開くのです。新月・宮酒場-角打ち-】4/26(水)、酒屋と酒屋で開店します。

イベント情報新月・宮酒場

4/26(水)の新月・宮酒場-角打ち-(17時~22時)は、

岡山県粟倉村日本酒専門の酒屋・酒うららさんと一緒に

「酒屋と酒屋」で開店致します。

IMG_3417

IMG_3045

 

皆さまにお酒を伝える、届けるのが酒屋のお仕事と思っています。

「酒」は嗜好品ですので、飲み方や愉しみ方はもちろん自由です。

そんな自由の中に、少しだけ酒屋たちの「酒話」を交ぜさせて頂いて

日々の「酒との暮らし」がより豊かに愉しくなればこれ幸い。酒屋冥利に尽きる!ということです。

 

今回は、そのお料理と仲良しであろう日本酒を酒うららさんが、

ワインを宮酒店主がご提案します。

そして「そのお料理」は、メイノブ食堂さんのタイ料理です。

・・・タイと酒とワイン。SakeとWineとThai。

どうぞお楽しみに。

 

<酒うらら店主・道前理緒さん>  酒うららHPより

bar_02

島根県松江市出身。

大学在学中に取材に行った酒蔵で、日本酒の美味しさ、酒造りの工程のおもしろさ、

蔵人の心意気に触れ、日本酒に目覚める。

社会人になって以降は出張にかこつけて各地の酒を飲み歩き、

こっそり日本酒バーでバイトし(バイト代は現物支給)、酒蔵を巡り、

どんどん日本酒とそれを造る人に魅せられていく。

ついには、「飲んでる場合じゃない…飲ませなきゃ」と思い立ち、

2013年、ノリで岡山県西粟倉村に移住。各地で「出張日本酒バー」を開催している。

2014年4月、同村にて酒屋を開業。とんでもなく無愛想ですが、怒っているわけではありません。

 

 

 

宮酒ワインバーHP

ショッピング

嫁ブログ

カテゴリー

アーカイブ

アクセス

〒259-0151
神奈川県足柄上郡中井町井ノ口693-10
Tel(0465)81-0309 Fax(0465)81-0348
営業時間 10:00〜17:00
(10:00〜19:00の場合もあります。)
定休日:日曜日