「宮川酒店」と「宮酒ワインバー」について

宮川酒店のご紹介&営業時間

IMG_0470

こんにちは。

中井町の田んぼの目の前にひっそりたたずむ宮川酒店です。

当店はシニアワインアドバイザーの店主をはじめ、

ばあば、嫁の私でやっている小さな酒屋です。

季節を感じる、美味しく愉しいお酒を届けたい、との思いで日々取り組んでいます。

また、「宮酒ワインバー」として、

毎月第3日曜に開催される大磯市(おおいそいち)をはじめ

季節毎に開催される 1=un=ichi 市(日連神社/藤野町)などの

イベントにも出店しています。

満月の夜には「満月の夜にだけ開くのです。満月・宮酒ワインバー」を開いてたりします。

美味しいお料理とワインをご用意し、

RIVENDEL(茅ヶ崎)にて皆さまのお越しをひっそりお待ちしております。

そして新月の夜になると「新月の夜にだって開くのです。新月・宮酒場 -角打ち-」を

中井町の宮川酒店店舗にて

それはそれはしっとりと開いたりもします。

色んな場所で皆さまとお会い出来るのを心より楽しみにしています。

宮川酒店 店主&嫁

image

神奈川県足柄上郡中井町井ノ口693-10
TEL:0465-81-0309 FAX:0465-81-0348
HP:http://www.miyagawasaketen.com/
営業時間:10:00~17:00(19:00までの日もあり)
定休日:日曜(不定休)

 

【満月の夜にだけ開くのです。満月・宮酒ワインバー】

満月・宮酒ワインバー

img_2734

6年目になります。

 2017年も、RIVENDEL(茅ヶ崎)、

そして1〜2回ほどに場所を移動し

ひっそりオープン致します。

どうぞふらりとお立ち寄りください。

img_2737

IMG_1952

●満月・宮酒ワインバーのシステム●

ふらりとお立ち寄り頂きましたら、

入り口でワインリストをお取り頂き、

満月券(料理・アルコール=1枚600円、ノンアルコール=1枚400円)を

お好きな枚数ご購入ください。

あとは、食べ物ブースと飲み物ブースにて

お好みのものをお買い求め下さい。

余った満月券は帰りに返金しますので

お気軽にスタッフまでお声をかけて下さいませ。

毎月代わるシェフのお料理と

季節を感じるワイン・日本酒を中心としたお飲物たちを

どうぞお愉しみください。

<満月カレンダー>

1/12(木)、2/11(土)、

3/12(日)藤野へ移動、

4/11(火)、5/11(木)、6/9(金)、

7/9(日)、8/8(火)、9/6(水)、

10/6(金)、11/4(土)、12/4(月)

※開催場所については、こちらの嫁ブログにてご確認ください。

【新月の夜にだって開くのです。新月・宮酒場 -角打ち-】

新月・宮酒場

img_2736

そして新月の夜には、

地元中井町の宮川酒店店舗にて

新月・宮酒場-角打ち-をしっとりと開店致します。

宮酒場開店時間:17時~22時

お店は10時~通常営業です。日曜はお休み。

夜になると、辺りは墨汁で塗ったかのように真っ黒(暗)です。

アクセスはJR二宮駅、または小田急秦野駅から

バスに15分ほど乗って「下井ノ口」バス停でお降りください。

(色んな意味で)ディープな夜でございます。

どうぞふらりとお立ち寄りください。

●新月・宮酒場 -角打ち- のシステム●

季節を感じる心地酔いお酒たちをご用意します。

生ビール、ワイン、日本酒、お燗酒、ノンアルコール、をはじめ

ボトルでもお飲み頂けます。

酒の肴は店内にあります乾きものや缶詰をどうぞ。

・¥500/一杯(アルコール) ・¥300/一杯(ノンアルコール)

・ボトルは別途お尋ねください

<新月カレンダー>

1/28(土)、2/26(日)、3/28(火)、4/26(水)

5/26(金)、6/24(土)、7/23(日)、8/22(火)

9/20(水)、10/20(金)、11/18(土)、12/18(月)

IMG_0470

-宮酒までのアクセス-

神奈中バス 秦60・63・91系統

・JR二宮駅北口  小田急秦野駅南口行き

「下井ノ口」バス亭下車

(時刻表)

平日            土曜            休日

16:10、16:44        16:10、16:43       16:10、16:43

17:10、17:42        17:12、17:42       17:12、17:42

         18:00、18:21、18:44      18:11、18:41       18:11、18:41

       19:04、19:26、19:44、19:57  19:10、19:20、19:45    19:10、19:20、19:45

20:21、20:50        20:10、20:43       20:10、20:43

小田急秦野駅南口  JR二宮駅北口行き

(時刻表)

平日            土曜            休日

16:00、16:28        16:31、16:58       16:31、16:58

        17:00、17:13、17:35、17:51   17:31、17:58        17:31、17:58

           18:22、18:43        18:31、18:58       18:31、18:58

         19:01、19:12、19:41      19:30、19:58       19:30、19:58

           20:08、20:43       20:26、20:50      20:26、20:50

【日本酒の会】木花咲耶姫(コノハナサクヤヒメ)お披露目会@dining269(つむぐ) ありがとうございました!

ワイン会・日本酒会

新月の次の日、

御前酒蔵元・辻本店 辻麻衣子杜氏をお連れしまして

女性を想うお酒「木花咲耶姫」の先行お披露目会も兼ねた日本酒の会が開催されました。

 

IMG_4345

 

dining 269(つむぐ)さんの和とフレンチが美しく融合されたお料理たちがどれも絶品で、

それに合わせた御前酒、炭屋彌兵衛、9、そして木花咲耶姫を冷、常温、お燗で頂く。

本当に豊かで贅沢な日本酒の会でした。

 

IMG_4348

IMG_4369

IMG_4357

IMG_4358 IMG_4370

IMG_4374 IMG_4373

IMG_4363 IMG_4371

 

この木花咲耶姫(コノハナサクヤヒメ)は、

麻衣子さんが杜氏10年の節目としてチャレンジした「女性を想うお酒」。

辻本店の中庭にある麹の神・木花咲耶姫様のほこら。

そこから目には見えないその何かを頂戴し、

女性杜氏が醸し、酒屋の女性がお届けする、女性を想いながら飲んで頂きたいお酒です。

初お目見えの木花咲耶姫、

最初は少しクールでシャイですが、知れば知るほど芯があり、花開く魅力的な女性(酒)です。

温めて魅せる、熟して魅せる、いろんな顔を持つ女性(酒)であり、

何だか見守りたくなる、そんなイメージでした。

私も咲耶姫と一緒に素敵に熟していきたいなと思いつつ。

ありがとうございました。

IMG_4379

 

●これまでの道のりはこちらをどうぞ →嫁ブログ「再び酒蔵へ行く理由

 

【新月の夜にだって開くのです。新月・宮酒場-角打ち-】9月

新月・宮酒場

御前酒蔵元・辻本店、杜氏辻麻衣子さんをお迎えし

造り手、飲み手、間に売り手がお邪魔して、しっとり心地酔い新月の夜でした。

「私が造ったお酒たちです。」という麻衣子さんの言葉にグッと来るものを感じ、

丁寧につけられるお燗が本当に美味しく、造り手に勝るものはないと思いました。

IMG_4315

IMG_4301

 

ノマディックカフェさんの酒寄りなお料理。

いつもよりパンチが効いてるとノマディックファンの方々が言っていました。

ノマディック・ケンタさんに聞いてみると、

「今生の唐辛子が手に入る時期で結構パンチのある辛さになります。

この時期だけのヒリヒリ感をお楽しみ下さい。」とのことでした。お燗とも仲良しです。

IMG_4302

IMG_4330

IMG_4307

 

普段は日本酒を飲まない方も、新月にはちょっとだけ嗜んでみようかな、

滅多にお燗は飲まない方も、この夜だけは人肌燗くらい飲んでみようかな、

そしてそれらが思いの外美味しくて、楽しくて、何だかほろ酔い千鳥足。

そんなふうに思っていただける酒場(本来は酒屋)になれたら、酒屋として嬉しい限りです。

ありがとうございました!

IMG_4333

 

▼静かな店内、外は真っ暗闇。酒の話は夜な夜な続く。

IMG_4334

 

【新月の夜にだって開くのです。新月・宮酒場-角打ち-】9/20(水)御前酒の夜となります。

イベント情報新月・宮酒場

9月の新月も、

中井町の宮川酒店にて新月・宮酒場-角打ち-、しっとり開店致します。

今月は岡山県より、御前酒蔵元・辻本店の杜氏・辻麻衣子さんをお迎えし

造り手、飲み手、間に売り手がお邪魔して、ちょっと贅沢な「御前酒の夜」となります。

21754630_1302942429832348_827315029_n

 

麻衣子さんが杜氏10年目にしてチャレンジされた

女性を想うお酒「木花咲耶姫-コノハナサクヤヒメ-」もお披露目致します。

新月は「リセットする時期」とされ、何か新しいことを始めるのに良いと言われています。

木花咲耶姫のお披露目会にぴったり、と私も愉しみにしております。

IMG_4170

 

そしてキッチンカーは、ノマディック・カフェさん(タイ料理)がやって来てくれます。

美味しいです。

テイクアウトも出来ますので、是非どうぞ。

IMG_3451

 

●新月・宮酒場-角打ち- 9/20(水)17時~22時 宮川酒店にて

【アクセス】

JR二宮駅北口→小田急秦野駅南口行き

小田急秦野駅南口→JR二宮駅北口行き

神奈中バス 秦60・63・91系統

「下井ノ口」バス停下車

※バスの道中、だんだん真っ暗闇になりますが、

必ず15分ほどで宮酒前(=下井ノ口バス停)に着きますのでご安心くださいませ。

再び酒蔵へ行く理由(酒屋の嫁事情)

嫁事情

今年2月に妄想旅歴15年を卒業した私が、またもや旅、、、ではないが酒蔵へ行かせて頂いた。

理由がある。

それは「木花咲耶姫-コノハナサクヤヒメ-」という日本酒のためである。

ありがとうございます。

 

IMG_3735

IMG_3696

 

西日本を中心に全国18店舗の「酒屋の女性」が集まった。

もちろん私などペーペー以上(以下)のペーペーである。

大先輩方のお話は、毒の中にもたくさんのポジティブで思いやる言葉があり

「幸せ」「感謝」を感じながら「酒屋の女将」または「酒屋の嫁」をされていることが

ぐんぐん伝わってくる。

私はどうだろうか、、、と思いつつ。

 

IMG_3674

 

今回のコンセプトは「女性に向けたお酒を」である。

辻本店の中庭にある「木花咲耶姫様」のほこら。

麹の神様でもある咲耶姫様からの贈り物、目に見えぬその何かを頂戴し、

女性特有のやわらかさと芯の強さを兼ねそえた銘酒を、との思いから出来上がる。

「女性杜氏」が醸した銘酒を「酒屋の女性」が皆さまにお届けするべく、

熟成前の段階を試飲させて頂いたり、ラベルデザインの話合いに参加させて頂いたりした。

 

IMG_3657

 

▼デザイナーさんを囲み、ラベルを考える。ラベルは顔であり、第一印象となる。

「女性のやわらかさと芯の強さ」を表す顔はどれか。

IMG_3660

IMG_3662

 

この時(春)に試飲させて頂いた時の感想は、なんとなくメロンぽくもあったような。

麻衣子さんは「これから夏の間熟成し、秋の出来上がりが楽しみです。」とのことだった。

あっという間に夏がやって来て、秋が来ればリリースされる。

IMG_3682

IMG_3693

 

 

IMG_4170

御前酒菩提もと・雄町米の純米大吟醸。

雄町米40%まで磨き、洗米から蒸し、仕込み時の放冷までほぼ手作業で丁寧に仕込まれてる。

雄町米の米の旨み、菩提もとの乳酸による旨みがありながら、きれいな味わい。

手作業ができる限界の仕込みのだめ2400本の数量限定。

10/1より店頭にて販売開始。

 

「女性を想うお酒」も華やかで心地酔いが、

私はこちらも捨てがたい、のは内緒のはなし。w▼

IMG_3695

 

 

 

 

【日本酒の会】木花咲耶姫(コノハナサクヤヒメ)お披露目会@dining 269(つむぐ)小田原

イベント情報ワイン会・日本酒会

10月1日にリリースされる木花咲耶姫のお披露目会を含め、

岡山県 御前酒蔵元・辻本店 杜氏 辻麻衣子さんをお迎えし

日本酒の会を開催致します。

麻衣子さんの「酒話」に耳を傾けながら、

御前酒をはじめ、9(ナイン)など5~6種類の日本酒と、

dining269(つむぐ)さんのお料理とのペアリングを

どうぞお愉しみください。

IMG_4264


■ 日時:  9.21.(木) 19時~

    ■ 場所:dining269(つむぐ)

小田原市本町2-5-9 TEL:0465-20-9629

■ 会費:    6,000円(税別)

 ■ 定員:   10~15名(定員になり次第締め切り)

■ご予約 宮川酒店 (TEL:0465-81-0309)

Facebookなどからお気軽にどうぞ

16487233_724752067698961_4669756782357056564_o

【満月の夜にだけ開くのです。満月・宮酒ワインバー】9月

満月・宮酒ワインバー

秋の夜の空気に包まれてひっそりオープン致しました。

老若男女がふらりと集う、そんな素敵な夜でした。

IMG_4249

 

▼エルバさんのお料理、ワインがすすみます。どれも絶品でした。

IMG_4226 IMG_4221

IMG_4224 IMG_4229

IMG_4228 IMG_4223

IMG_4230

IMG_4241 IMG_4255

まもなく大和にてお店がオープン致します。是非どうぞ。

Osteria e Bar ELBA -オステリア エ バール エルバ-

大和市大和東1-6-12 セドナビル1F ↓

21192170_851610081655598_365980815998048640_n

 

▼ワインインポーター・ディオニー前田さんがお客様に話す

とてもわかりやすい「ワインのお話」に

店主も(私も)聞き耳を立ててお勉強させて頂きました。

IMG_4222 IMG_4245

 

美味しいお料理とお酒、そこに人が集えば自然と豊かな時間になるのかな、と

改めて思った夜でした。ありがとうございました。

IMG_4260

IMG_0757

【満月の夜にだけ開くのです。満月・宮酒ワインバー】9/6(水)ディオニーの夜です。

イベント情報満月・宮酒ワインバー

秋の気配を感じる今日この頃です。

9/6(水)の満月もRIVENDELにてひっそりオープン致します。

自然派ワインのインポーター・ディオニー前田さんと

心地酔いワインたちと共に「ディオニーの夜」となります。

▼ディオニー前田さんと試飲中の店主

19989338_901626856651930_7302749514991963923_n

 

そしてお料理は、今月大和にオープンする「オステリア&バール ” エルバ”」さんです。

「南イタリア・カラブリア地方の料理と、僕らが好きなワインとカフェと。」

をコンセプトに、オープンに向けて準備中です。

そんな中、今回はお料理担当を快諾してくださりありがとうございます。

エルバさんの郷土料理、お楽しみに。

20799008_843777605772179_1668217205195926380_n

 

秋の感じる夜風が心地酔い。

どうぞふらりとお立ち寄りください。

 

●満月・宮酒ワインバー 9/6(水)17時~22時(お子様時間~20時)RIVENDELにて

 

 

 

木花咲耶姫(コノハナ サクヤヒメ)というお酒

嫁事情日本酒

IMG_4170

 

木花咲耶姫(コノハナ サクヤヒメ)という

御前酒蔵元・辻本店の女性杜氏・辻麻衣子さん(岡山県/辻本店)が

「女性」をコンセプトに、たくさんの想いを込めて醸したお酒がこの秋に出来上がります。

 

IMG_3656

IMG_3657

 

▲辻本店の蔵の中庭に古くよりほこらがあり、

そこに麹の神様である「木花咲耶姫様」が祭られています。

古事記や日本書紀に登場する神さまで、酒の神様・松尾大社様と兄弟、

麹の神様でもあり山の神様でもあるそうです。

そして桜の化身として有名な神様とのこと。

 

IMG_3658

 

大変美しい女性であったと言われる「木花咲耶姫」。

麹の神様からの贈り物、目に見えぬその何かを頂戴し、

女性特有のやわらかさと芯の強さを兼ねそえた銘酒を、との思いから出来上がりました。

 

IMG_4167

御前酒菩提もと・雄町米の純米大吟醸。

雄町米40%まで磨き、洗米から蒸し、仕込み時の放冷までほぼ手作業で丁寧に仕込まれています。

雄町米の米の旨み、菩提もとの乳酸による旨みがありながら、きれいな味わい。

手作業ができる限界の仕込みのだめ2400本の数量限定です。

 

造り手が想いを込めて造ったお酒を皆さまへお届けするのが酒屋です。

今回は「女性杜氏」が醸した銘酒を「酒屋の女性」が皆さまにお届けするということで、

熟成前の段階を試飲させて頂いたり、ラベルデザインの話合いに参加させて頂いたり、

蔵と酒屋(どちらも女性)が同じ思いを持って誕生した(する)お酒です。

※蔵での様子は、後日嫁ブログにてお伝えします。

 

女性に飲んで頂きたいのはもちろん、女性に贈られるお酒でもありたい。

もちろん男性にも「女性のやわらかさの中にある芯の強さ」みたいなものを

何となく感じながら飲んで頂けたら、、、このお酒も(私も)涙、涙、嬉しい限りです。

木花咲耶姫(コノハナ サクヤヒメ)と言います。

こちらは9/20(水)の新月・宮酒場にて、杜氏の辻麻衣子さんを岡山からお迎えし

初リリースとなります。私も愉しみです!

9/21(木)には、麻衣子さんと日本酒の会も小田原にて予定しております。

詳しくは嫁ブログにてお知らせいたしますので、この機会に是非どうぞ。

IMG_4168

 

 

おまけのお話。

地元中井町に五所ノ宮神社(五所八幡宮)という神社があります。

毎年4月のお祭り(例大祭)は「かながわの祭り50選」にも選ばれ、桜と共に華やかです。

若かりし高校生の頃、この神社での結婚式(神前式)の巫女さん(アルバイト)などもさせて頂いてたりして。

今回、その五所ノ宮神社にも木花咲耶姫が祀られていると知った時、

きっと咲耶姫は天から私を眺め、

「この巫女さん、将来私に纏わるお酒と出会うのよね〜。」と含み笑いしながら、

こぼしちゃならぬとお屠蘇を必死に注ぐアルバイト中のわたしを見つめていたのかな、と

これまた大げさな妄想が繰り広げられ、何だか不思議な気持ちになるのであります。ふふふ。

▼五所ノ宮神社 春の祭典と境内

21244602_1290314211095170_323242021_n 21268609_1290314431095148_1158231464_n

 

 

 

 

 

 

 

 

【新月の夜にだって開くのです。新月・宮酒場-角打ち-】8月

新月・宮酒場

IMG_4152

 

川西屋酒造蔵人・工藤恵美子さんをお迎えし、

「丹沢山と隆の夜」となりました、新月・宮酒場-角打ち-。

町内外から足をお運び頂き、ありがとうございました。

IMG_4153

IMG_4147

IMG_4161

 

けむりカレーさんの酒のつまみたち。普段はなかなかお目にかかれません。どれも美味。

スパイスと日本酒。あまりイメージ出来ないと思いつつ、

スパイスと山廃の濃潤な味わいが心酔く、新しい気づきでした。

IMG_4141

IMG_4150

 

いろんな世代の方がカウンターに集い、昔話をされていました。

その昔、ここで魚肉ソーセージとワンカップで夕方集っていたそうで、

当時子供だったその方は、集うおじいちゃんにおこづかいをねだりに来ると

酔ってるのですぐくれる、と楽しい笑い話でいっぱいでした。

角打ちから生まれる、何だかほっこりした空気に包まれ酔いしれながら

しっとり新月の夜が更けていきました。

IMG_4154

 

来月9/20(水)の新月は、御前酒蔵元・辻本店の杜氏・辻麻衣子さんをお迎えし、

飲み手と造り手、間に売り手がお邪魔して、

心地酔い新月となりそうです。どうぞふらりとお立ち寄りください。

IMG_4157

【新月の夜にだって開くのです。新月・宮酒場-角打ち-】8/22(火)、丹沢山と隆の夜です。

イベント情報新月・宮酒場

8/22(火)は新月でございます。

17457910_839664932848123_1409064238784256503_n

 

今月は、地酒である丹沢山、隆の蔵元、川西屋酒造(山北町)蔵人・工藤恵美子さんをお招きし

飲み手と造り手、間に売り手もお邪魔しまして、しっとり丹沢山と隆の夜、となりそうです。

工藤さんの酒話(日本酒についてや色々な飲み方、飲み頃などなど)に耳を傾けながら

ありそうでない、ちょっと贅沢な時間をお過ごしください。

20840697_1278735158919742_2416828659738939804_n

 

▼川西屋酒造店 ※神奈川県酒造組合HPより

最高の米で純米吟醸酒を造りたいという蔵元の願いと、

地元農家との協力関係から生まれた「丹沢山」は、『食物との一体感』を信条にしています。

酒が一人引き立つのではなく、酒が食べものの旨みを引き出し、

食べものが酒の味わいを高めるといった、調和を大切にしています。

丹沢山系の透明な渓流のように深い味わいと余韻が口の中に広がります。

371-1-20130725052016_b51f037009f68d

 

そして今月はけむりカレーさんがやって来てくださり、

けむりワールドなつまみあり、もちろんごはんあり、でございます。

テイクアウトもできますのでお気軽にお立ち寄りください。

 

IMG_3603

 

夏休みもあと少し(=子供w)、

今年の夏は雨がお好きなようで、夏を感じきれずにあっという間に過ぎていく。

しかし新月は毎月毎月やってきます。

新月の夜、どうぞふらりとお立ち寄りください。

 

IMG_4133

 

●新月・宮酒場-角打ち- 8/22(火)17時~22時 宮川酒店にてしっとりオープン

 

 

 

 

 

 

 

宮酒ワインバーHP

ショッピング

嫁ブログ

カテゴリー

アーカイブ

アクセス

〒259-0151
神奈川県足柄上郡中井町井ノ口693-10
Tel(0465)81-0309 Fax(0465)81-0348
営業時間 10:00〜17:00
(10:00〜19:00の場合もあります。)
定休日:日曜日