カテゴリー: 嫁事情

トラベルライター・朝比奈千鶴さんから学ぶこと【酒屋の嫁事情】

嫁事情

「トラベルライター」

旅をし、その旅の軌跡を文章で残す。

夢のような職業、と思う。

20067869_1245014158958509_1737085224_n

 

初めて「満月・宮酒ワインバー」を記事にしてくださったライターさんが朝比奈千鶴さんである。

●2012年の記事はこちら→ コロカル

その朝比奈さんが「トラベルライター養成講座」を開くと知り、すぐに申し込みをした理由は二つ。

「トラベルライターになる!」は来世の自分に託しw、

朝比奈さんの今日までの歩み、トラベルライターの理想と現実、そして旅の話・裏話を聞きたかったのと、

異国で「Sake」が通じるならば、酒屋も「liquor store」でなく「Sakaya」で通じる存在でありたい、

でも私、しばし異国へ行けそうもない現実に気づくw、

ならば、ここ(講座)に行けば「異国の酒屋事情」が聞けるかもしれない!と直感で思い参加を決めた。

開催場所である「日用品&ワイン喫茶 Kirin Store」の「ワイン喫茶」という言葉に惹かれたのも事実。

20158311_1245014125625179_1752275791_n

 

色んな方が集まった。

学生さんから、ブロガーさん、編集者さん、JR広告部さん、実家が農園の方、

野菜ソムリエのスープ屋さんKURUMIさん、他、酒屋wまで。

質問も、トラベルライターを目指すには、写真の撮影掲載について、メモの取り方、

旅先のことをアップすると周囲に僻まれる傾向もあり躊躇する、など赤裸々な話も含め様々。

 

私が聞きたかった「皆さんが行かれた異国の地の酒、酒屋事情のお話が聞きたいです。」については、

デパート内にあるワインショップ、というイメージが多いようで

私が知りたい「Sakaya」に繋がりそうなその何かは見つからなかった。

・・・酒は必需品でなく、嗜好品。

でも「祝い」にも「偲び」にも酒は登場するし、BS旅番組にも必ず「ワイン」は登場するし、

酒は立派な文化のひとつ、と思いつつ。

造り手が心を込めて造ったお酒を飲み手に届ける、

それが仕事の「酒屋」は、もはや必需品ではなく、昭和時代の必需品なのか。

 

なーんて思い巡らせながらも、朝比奈さんのお話は笑いあり、ガッツあり、温かみあり、

お人柄そのもの。

20121046_1245014148958510_1369461661_n

 

ワイン喫茶 Kirin Store さん。

豊富なクラフトビールたち、自然派ワイン、そして純米酒(お燗もあり)。

パキスタン風チキンカラヒ+カルダモンライス、そしてロゼ。

20046253_1245014122291846_323335051_n 20067729_1245014112291847_2055263727_n

20067695_1245014078958517_1227758754_n

 

当たり前だが世界にはたくさんの人がいる。だからこそ「人と人」なのかなと。

その「人」に惹かれ紡がれる様々な出来事やご縁は、地位や名誉やお金持ちとかでは得られない、

かけがえのない人生の宝物だな、としみじみ。

とっても心豊かに千鳥足。

大都会東京(旗の台)から下りに下って秦野駅、そして田んぼの目の前に帰宅。

ありがとうございました。

日本酒伝道師ジョン・ゴントナーさんから学ぶこと【酒屋の嫁事情】

嫁事情

いつからかワインよりも日本酒を愉しむことが増え、

酒蔵へ行く機会を頂いたり、蔵人の方や他県の酒屋さんとお話する機会を頂いたり、

「酒」を通して紡がれるたくさんの事に感謝する。

酒屋って愉しいな、と嫁歴15年目にして(やっと)思う。

 

日本の文化とも言えるであろう「酒」って異国にはどれほど伝わってるのかな。

もはや「Sake」で世界に通じるならば、

「酒屋」は「liquor store」でなく「Sakaya」として存在していたいな。

などど、これまた色んな妄想が膨らむようになる。

 

妄想は不思議だ。

何故なら妄想していると、なぜかその先に「妄想との接点」みたいなことが待っている。

だから何かに対して慌てなくても大丈夫。

まさに「全ての始まりは妄想から」である。

19397785_1219716234821635_716502821_n

日本酒伝道師・ジョン・ゴントナーさん。

若かりし頃に英語教員として来日、電子エンジニアを経て(なぜか)日本酒ジャーナリストとなったそう。

その人生の軌跡のお話は興味深く面白い。エンジニア時代に上司の家で飲んだお酒に惚れ、

ジョンさんの人生は緩やかに、そして大きく予想外の方向に向いたのだ。すごいな、人生って。

 

19369863_1219637104829548_1775034213_n 19369464_1219637094829549_2121880164_n

日本酒の輸出量はたった3.5%。

輸出先はアメリカが第1位、続いてアジアが連なり、カナダは第7位だったかな。

「フランスのワイン輸出量は35%」と比べると日本酒はまだまだ少ない。

こんな美味しい日本の酒を口にした異国の方はとても少ないということだ。

でも日本酒が世界でもっともっと飲まれるようになる日は遠くない、気がする。

その大きな架け橋となっているのがジョンさんなんだろうな、と思う。

熊澤酒造(茅ヶ崎市香川)で開催されたこの講座。

天青もアメリカへの輸出が始まったそうで、アメリカ向けのラベルには「TENSEI」ではなく

「song of the sea」と、英語での別称を記してあるとのこと。

美味しい天青を飲んだ翌日、「TENSEI」は覚えにくいが「song of the sea」なら覚えている。

「あの美味しかったお酒は何だっけ?」にはならない。

なるほど。それもありだ。

19398842_1219637098162882_1727749037_n

初めて飲んだ天青。

飲み心地よく、さりげなくお料理を引き立てるやさしいイメージのお酒たち。

試飲から始まり懇親会まで、大変豊かな時間であった。

ありがとうございました。

19369824_1219637088162883_564033261_n

 

・・・豊かな時間のおかげですっかり千鳥足。

そして思い出す。「異国の酒屋」について聞きたかったこと山盛り、を

何一つ聞かなかった現実を。

それも一つの酒マジック。きっと次回へ続く。

【新月の夜にだって開くのです。新月・宮酒場 -角打ち- 】2月

嫁事情新月・宮酒場

日曜日なので少し早めに開店しました。

宮酒を囲む周りの山々が美しい昼下がりから(保育園のお布団も干しますw)、

まるで墨汁で塗ったかのように真っ黒(真っ暗)になる夜まで、

何ともeventfulな新月でした。

たくさんの方に遥々お越し頂き、本当にありがとうございました。

IMG_3397

IMG_3399 IMG_3466

IMG_3403 IMG_3408

 

「親しみのある楽しい集まり」とのコラボ。

農太郎くんライブは本当に不思議。やけに心地酔く、さりげなくジーンときて、

そして愉快で愉しい。まさにお人柄が表現されている楽曲ばかりでした。

こんなに日本酒が似合うライブ、他にあるでしょうか。

IMG_3462

IMG_3432 IMG_3429

 

店先にはノマディックカフェさんの移動販売車。

タイ研修から帰国されたばかりのノマディックさんの新作料理もあり、

ビールもワインも日本酒どれも、お料理と愉しめたかと思います。

もちろんテイクアウトもありましたよ。

IMG_3451

IMG_3446 IMG_3412

IMG_3414 IMG_3419

 

嫁歴2、3年の頃、何もかもがよく分からず、色んなことが腑に落ちなかった頃(言っちゃたw)、

そんなある晩、夢を見ました。

店内にたくさんの方がいて、お酒を買ってくれてるのかな?よく覚えていませんが、

とにかく店内にたくさんのヒトがいる夢を見たこと、今でもはっきり覚えています。

当時は「お店にたくさんのヒト」なんて、それこそ誰かがよくやる妄想でした。

あれから10年以上が経ち、家族をはじめ、色んな方に支えられて今に至ったことに感謝します。

そしてこれから、恩返し、なんて何ともおこがましいですが、

「お酒」を通して、祝も偲びも、すべての暮らしに於いて「心地酔い」をお届け出来たら

酒屋っていいな、お嫁に来て悪くなかったな、と思えると思います。

酒屋の嫁卒業60才まで(本当に60才で卒業)、コツコツ進ませて頂きます。

本当にありがとうございます。そして今後ともよろしくお願い致します。

 

IMG_3417

 

 

 

 

【酒屋の嫁事情・酒蔵へ行く-辻本店(岡山)-】

嫁事情

酒屋の嫁歴15年(と同時に妄想旅歴15年)、ついに卒業した。

何事も妄想は創造になり現実になる、気がしてならない。

色んな方のご協力で店舗もどうにか変身し(涙)、

これからは「嫁」も変身、まではいかないが、私なりに小さな歩幅でも前に進みたいと思っている。

 

今回、岡山県真庭市勝山にある辻本店の「炭谷彌兵衛の会」に参加させて頂いた。

1804年創業、歴史ある蔵。

当時、美作勝山藩御用達の献上酒とされた「御前酒」。

御前酒蔵元の辻家は江戸時代から「炭屋」という屋号で呉服商を営んでいたが、

3代目彌兵衛 篤仁氏はそれを番頭に譲り、文化元年(1804年)に酒造業を創めた。

蔵元初代にちなんで酒名となった「炭谷彌兵衛」。(私はこのお燗が好きなのだ。)

一方、2007年に前杜氏原田氏急逝後、杜氏となった辻麻衣子杜氏。その当時はまだ妊婦さんである。

麻衣子さん率いる若手蔵人9人で造った「9-ナイン-」存在感も大きい。

ちなみに私は「9」から「御前酒」を知り、「炭谷彌兵衛」に出会った。

これから日本酒を知るであろう若人たち、このパターンも無きにしも非ず。

 

IMG_3262

 

初めての仕込み体験はどのシーンも印象深く、

あのお酒たちはここでこの蔵人たちによってこうして造られているんだ、としみじみ思った。

●精米

▼岡山の代表的な酒米・雄町は柔らかいお米。

IMG_3163 IMG_3165

▼洗米機械にかけたあと、10分半浸漬させる。

IMG_3168 IMG_3171

IMG_3180 IMG_3189

▼コメには腹と背があるそうで、腹から吸水し白くなる。

IMG_3191 IMG_3194

▼脱水機(と言うのかな)に1分かけざる返し。

IMG_3195 IMG_3196

IMG_3197 IMG_3199

IMG_3200 IMG_3202

 

●掛け米(1袋20kg)を仕込みタンクへ運ぶ

IMG_3220 IMG_3222

IMG_3225 IMG_3224

 

●雄町米麹仕込み

二階へ上がり、麹室にて麹米を混ぜ合わせ、寝かし、広げ、混ぜ返し、寝かせ、と何段階もの作業。

優しい栗香が印象的。

IMG_3228 IMG_3239

▼この扉の向こうは麹室。ほんのりサウナ状態で作業をすれば汗をかく。

蔵人(特に女性)の肌の艶々感は見事だ。

IMG_3240 IMG_3241

 

●蒸米

ムラ無く蒸すために「抜け掛け」という、蒸気が抜けて来るところに白米を投入する作業を行う。

これは高い技術が必要とのこと、こだわりである。

IMG_3244 IMG_3245

IMG_3242

 

●もと(酒母)造り

IMG_3231 IMG_3232

▼その名の通り「酒を生む母」

飲ませてもらったところ酸味あり。想像像していたほど酸っぱくない。

IMG_3235 IMG_3236

IMG_3238 IMG_3234

 

▼一階の床(地下)を覗くと、そこは昔の「窯場」があった場所。

当時は早朝何時に蔵に入り、火を起こしていたのだろう。

IMG_3256

 

日本全国1500ほどの蔵があるそうで、

たくさんの蔵が造るたくさんのお酒たちの中から、

一体どのように選べば、どうお酒と出会えばいいのだろうと考えた。

これもやっぱり私の行きつく答えは「人」である。

造った人、そこの蔵の「人柄」によって味わいさえも変わってしまうかもしれない。

となると、伝える側の酒屋も「伝える人」として「人柄」なのかもしれないな。

 

夜の懇親会では、関西、関東、そして現地の酒屋さん、大先輩たちとお話ができた。

お燗酒の飲み比べ、このお料理にはこのぬる燗、にごり酒をぬる燗に、お燗タージュも見せて頂き、

造ったその蔵で、そこのお酒を、造り手売り手と飲む。

私にとってとても贅沢で何とも嬉しいひとときだった。ありがとうございました。

IMG_3214 IMG_3215

IMG_3216

 

「百聞は一見に如かず」とはこのことで、酒造りにグッときた、というのが一番の感想である。

酒屋の嫁引退60才(と決めている)までに、見たい事、感じたい事が増えました。

ありがとうございます。

【宮酒店舗変身計画】(やっと)始まります。

嫁事情宮川酒店

IMG_0470

今年1月に「宮酒店舗変身計画」を心に決めた。

ここに至るまでに歩んだ道を私なりに振り返ると、

あれは6年前の2010年、大磯市出店から全ては始まったのだ。

その軌跡は宮酒ワインバーHPに記しました。→ 

 

田んぼの目の前にひっそり佇む地味な酒屋だが、

「季節を感じる心地酔いお酒たちを届けたい。」といつも思い描いている。(妄想とも言う)

まずは宮川酒店を皆さんに知って頂こうと、

大磯市をはじめいくつかのイベントに出店し始めた。

続けているうちに「宮酒ワインバー」というもう一つの名前が生まれ、

色んな方の協力のもと、

満月の夜には「満月・宮酒ワインバー」、新月の夜には「新月・宮酒場」、と

私たちがあったらいいなと思うワインバーや酒場を開くことが出来た。

ありがとうございます。

12506479_803359496457102_2127604455_n 12511910_803359503123768_851317982_n

 

これまた続けていると、宮酒を知って下さった方々に

「お店はどこですか?」と聞かれることが増えた。

しかしながら、ずばり、お店は地味を通り越した何とも中途半端な、

ここは倉庫か?とも言いたくなるようなお店。

全員配達に出るとシャッターが閉まってたりもして、

とても皆さんに「是非お店に来てください。」と言える状態ではない。

「宮酒ワインバー」を通してやっと「宮川酒店」を知って頂いたのに、

「宮川酒店に来てください。」と言いづらい。

7年続くこの嫁ブログに一度もお店のことを書いたことがない。

これはある意味、本末転倒。

 

もうこれを卒業し、次へ進もう。変身するのだ!

 

という6年の歳月を経て「宮酒店舗変身計画」を店主も私も決心したのだ。

決心してから早11カ月、やるやる詐欺になる寸前、やっと始まる訳である。

▼現在の店内

14971773_1007571809369413_350947648_n 14996437_1007571759369418_1806391822_n

14997030_1007571746036086_1268243749_n 15057980_1007571819369412_1924986143_n

▼お店周りを端っこから片づけた(現在進行中)。

15049784_1007573212702606_380069245_n 14971946_1007571766036084_2109587372_n

▼途中、裏の奥底から30年もののサントリーレッドを救出。w

15049880_1007571762702751_328135708_n 15045575_1007571802702747_1592149201_n

15057997_1007571799369414_1282015670_n 15045680_1007571792702748_1828687338_n

 

▼今年1月、初打ち合わせw

14996296_1007571732702754_1302220219_n 15050255_1007571739369420_909343252_n

 

まずは一歩目。

今できることから始めてみよう。

初の変身作業は、11月14日(月)満月の日である。

 

 

 

 

ソムリエ山本君の晴れ姿に涙する。

嫁事情

あれは2012年の秋が終わる頃でした。

突然、田んぼの目の前にひっそり佇む宮川酒店にやってきて

「満月・宮酒ワインバーを手伝いたいです!」と言ってきたソムリエ山本くん

1年半ほどお手伝いして頂き、その後、醸造家・大岡弘武さんのもとへ

2年間ワイン造りのお手伝いにフランスへ旅立って行きました。

店主にとってどれだけ羨ましかったことか。 詳しくはこちら→ 

 

そんな山本くんの結婚パーティが、5月の満月の夜にありました。

どうしても二人で彼の晴れ姿をお祝いしたく、

皆さんにお願いし、満月・宮酒ワインバーの開催を1日早くさせて頂きました。

そして久しぶりに山本くんと会いお話しできたのです。ありがとうございました。

IMG_1816

13282083_884730564986661_1023216179_n 13249450_884730538319997_2053319227_n

IMG_1880 IMG_1877

IMG_1893 IMG_1879

IMG_1885 IMG_1936

 

何に関しても「現地」での経験は強く深く、大きな財産となる。

リアルタイムにその感覚を体感できて、どんな教科書よりも多くの事を学べる、

何とも羨ましい限りです。

私もこの現地(=中井町・宮川酒店)で、オモシロイことが学べますように。w

 

帰国後、山本くんは南青山のNARISAWAでソムリエをしています。

大きく羽ばたいた山本君、でも会って話すとやっぱりいつもの彼でして、

そこが山本君の良い所なのだと改めて思い、

それはそれはワインが美味しい夜でした。

これからの山本ご夫婦に乾杯。

 

IMG_0596

▲2014年一時帰国の際、サプライズで満月をお手伝いに来た時の一枚

【酒屋の長男とんきちの野望(のようなもの)】その後。

嫁事情長男とんきち・長女ちんぺい・次女かんこ

ある日の体育の授業でバスケに魅せられた酒屋の長男とんきちが、

中学校にはない男子バスケ部を作りたい!と言いはじめてから、

あっという間に時は過ぎ、とんきちは小学校を卒業し中学生になった。

●前回の記事はこちら→ 

友人、保護者、ミニバスのコーチ、中井町会議員さん、中学校の教頭先生、校長先生、

たくさんの方を通して色んなお話をし、意見を交わし、

時代の流れとでもいうのかな、結果的にとんきち達の願いは叶わなかった。

でも、中学校からの丁寧な説明や姿勢が、子供たちを何となく納得させ

残念ながらもそれは決して不信感にならず、これも大人の道へのひとつかなとさえ思う。

どちらかと言うと、幸せだと思う。

12833361_826003737526222_211638077_n 13014892_853730004753595_1309555834_n

 

昨年の夏、振り向くととんきちは私の背を抜かし、私がとんきちを見上げるようになった。

あんなに手がかかった幼少期を思い出しながら、

あの頃のママ歴4、5年の私に、こんな日が来ることを教えてあげたいと思った。笑

 

親になると自分の子供時代を思い出したり、

両親や祖母が自分に何をしてくれてたか分かるようになる。

「感謝」という言葉に尽きるのだ。

13023580_853730038086925_1753900923_n 13022446_853730054753590_2016209027_n

 

酒屋の長男とんきち、長女ちんぺい、次女かんこ。

三人それぞれ、全く違うタイプである。

私は母として、なるべくこの子たちの中に潜んでいるであろう宝の原石を見つけ出し、

見つからなかったら諦めてw、ひたすら応援しようと思う。

そしていつか誰か一人くらいワイン造りをしてくれないかと、

相変わらずの妄想が、今宵も繰り広げられるのだ。

ふふふ。

12833455_826006007525995_1663394455_n  

 

 

【和de御前酒会】ありがとうございました。

ワイン会・日本酒会嫁事情

今年で2回目となります「和de御前酒会」、

御前酒七代目蔵元 ・辻総一郎さんをお迎えし、美味し、愉し、な時間となりました。

ご参加くださった皆さま、ありがとうございました。

和さんの繊細で、美しい出汁を感じる酒の肴たち。絶品でした。

IMG_1362 IMG_1364

IMG_1360 IMG_1369

IMG_1383 IMG_1357

IMG_1370 IMG_1384

IMG_1395 IMG_1390

 

▼ワインのデキャンタ―ジュ同様、お燗酒も空気に触れさせると味わいもよりまろやか。

その名も「お燗タージュ」、ふふふ。

温度も少し下がって飲み心地が良いのかなと思つつ、じっと眺める。

IMG_1393 IMG_1396

IMG_1372 IMG_1394

IMG_1400 IMG_1354

 

そろそろ「嫁」も(飲んでばかりでなく、という意味か?)きちんと学んだらどうですか、と

店主より素敵なお言葉(?)を頂き、今回初めて参加させて頂きました。

造り手が想いを込めて造ったお酒たちを皆さんにお伝えする、

そして、季節を感じる心地酔いお酒、お料理とのマリアージュなどをお届けできたら

酒屋として嬉しいかぎりだと思っています。

 

その中で、こうして「造り手」と「飲み手」、そして中間にいる私たち「売り手」が

お酒とお料理を囲み一緒の時間を過ごす、というありそうでなかなかない

ちょっと贅沢な気持ちにもなるこのような会を、これからも作っていけたら、

「酒屋の嫁」を60才で定年していいのではないかと

これまた思う訳であります。←結局いつもここにたどり着くのですw。

 

ありがとうございました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「笑」と「涙」、そして嫁がおもうこと

嫁事情

まだ秋真っ只中だが、

今年の秋は色々あった。

色々とは

「畑で結婚式」と「宮じいじがお空へ行く」である。

 

「結婚式」と「お葬式」、

一見正反対、でも本当はそうじゃないのかもしれない。

 

「おめでとうを贈ろう!」のおめで隊を作ったKさんが以前、

「おめで隊は最終的に葬儀などのお手伝いも出来たらいいな。だって葬儀も一つの・・・」

・・・なんて言ってたかな。大事な言葉が思い出せない。

とにかく、それを聞いたときあまりイメージできなかった。

が、しかし、今の私は何となくその意味がわかる。

 

上手く説明できないが、例えば「酒」を通して言うならば、

そこにはいつも「酒」がある。結婚式にもお葬式にも「酒」があるのだ。

正反対だけど飲む人たちが思う気持ちは、その時に酒を飲む気持ちは、

きっと同じだ。

その人を祝い、その人を偲ぶ。

そんな感じである。

 

それに気づいた今年の秋。「酒屋の嫁」歴、えーっと、13年。

ひとまずここまでたどり着く。

そして続くよ、まだまだ続く。

「酒屋の嫁」、定年は60歳と決めている。(内緒)

1907374_640846555991127_3835401622220430679_n

 

 

 

酒屋の長男とんきちの野望(みたいなもの)

嫁事情長男とんきち・長女ちんぺい・次女かんこ

酒屋の長男とんきち、小6、12歳、地元サッカーチーム所属(度々ベンチとお友達w)。

釣りが大好き、もっとしたい。でも親がお仕事大好きで全然お相手してもらえず、

もっぱら映画「釣りバカ日誌」で妄想釣りを楽しんでいる。

(「妄想」は遺伝である。)

第一子、長男であるとんきち。

そう、宇宙人のようにのんびり、マイペース、そして変なところでせっかち。

 

▼小1の頃、初めての船釣りで奇跡のアマダイを釣る。ここから勘違いがはじまる。

遼太朗とアマダイ2

 

そんなとんきちが体育でバスケットボールをし恋に落ちた、ようだ。

あくまでもサッカーチームに所属しているが(コーチすみません!)、

とにかくバスケットがしたい。

現在は、地元中井町のミニバスに週2回参加している。が、もっともっとしたいようだ。

 

でも地元中井中学校には(まさかの)男子バスケ部がない。

歴代の先輩たちが、署名活動をし中学校に男子バスケ部開設のお願いをし、・・・と努力してきた形跡がある。

でも色んな理由で、大人の理由で、無理だって。

 

そして宇宙人とんきちが言った。

「俺も、男子バスケ部作って欲しいとお願いしようかな。」と。

親は思った。

色々なことがややこしいかもしれない。

でもいいや。長男とんきちがそう言うなら、親として応援しよう。

 

ということで、卒業まで残り約半年。

とんきちが先輩や友達たちとどこまでやれるか、

(こんなことをブログに書いてたら、いつの日かこの記事を見たとんきちに叱られるかもしれないが、)

少し追ってみようと思う。

これも一つの「嫁事情」、いや「母事情」。

どうぞお付き合い下さいませ。

10533051_10154419626225573_6469060793829746547_n 10525921_10154419626645573_5459324220321724589_n

 

  • 1
  • 2
  • 7

宮酒ワインバーHP

ショッピング

嫁ブログ

カテゴリー

アーカイブ

アクセス

〒259-0151
神奈川県足柄上郡中井町井ノ口693-10
Tel(0465)81-0309 Fax(0465)81-0348
営業時間 10:00〜17:00
(10:00〜19:00の場合もあります。)
定休日:日曜日